カーネルコンピュータシステム

2003年リリース情報

2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 | 2002年 |

12月

LINUX対応のStarSuite7(サンマイクロソフト製Microsoft office互換ソフト)を利用した監視付きのMS-OFFICEデータからラスター、PODF変換が可能なソフト(KDauto_trans(機能強化版) for LINUX製品)を新規リリース

新製品
対応製品名

KDauto_trans(機能強化版) for LINUX

製品概要

OSがLINUX上において、MS-OFFICE互換ソフトであるStarSuite7ソフト(ワープロや表計算ソフト)を利用して、監視フォルダに入力されたWORD/EXCEL/POWERPOINTデータを監視しながらラスターデータ(TIFF,BMP,PNGなど多数のフォーマット)やPDFに変換するソフト

主な機能
  • MS-OFFICE(doc,xls,ppt)データの読み込みが可能。
    (ダイアログが出るデータは停止するので不可)
  • その他、Calk(sxc),Writer(sxw),Impress(sxi)データも読み込みが可能。
  • 変換される出力フォーマットはラスター(TIFF,BMPなど多数)、PDFが可能。
  • KDコンバートソフト(HPGL2/Raster,Raster/Rasterなど)と連携して、
    監視付きデータ変換が可能。
  • 変換後のデータを他システムにFTP転送が可能。
対応OS

LINUX (RedHat8.0版)

標準価格

35万円(税抜き)/本 (StarSuite7ソフトは含まず)

ラスターデータにテキストやバーコードを合成するソフト(RSBAR3PST製品)を新規リリース

新製品
対応製品名

RSBAR3PST

製品概要

ラスターデータ(TIFF,BMP,JPEG,PNGなど多数のフォーマット)にテキストやバーコード(1次元、2次元)を合成し、PostScriptやPDFデータに変換するソフト

特長

主な機能は次のとおりです。

  • 従来製品のRSTX3PST(ラスター+TEXT→PostScript/PDF)にバーコードデータも合成することが可能
  • 合成できるバーコードの種類は1次元データとしてCODE39,CODE128,JAN8,JAN13,ITF,NW-7の各コード、2次元データとしてQRコード、MICRO QRコードが可能です。
標準価格

40万円(税抜き)/本

関連ページ

KDrasterコンバート(ラスター/ラスター変換)

HP-GL,HP-GL/2,OFI,DXF,DWGデータからテキストデータを抽出するソフト(*TOTX製品)の機能アップ(出力データのソート、HTML出力、E-mail配信の追加)

新機能・機能更新
対応製品名

*TOTX製品
(HPTOTX, H2TOTX, OFITOTX, DWGTOTX, DXFTOTX)

機能拡張

PLOTデータ(HP-GL,HP-GL/2,OFI)、CADデータ(DWG,DXF)からテキストデータのみを抽出するソフトに下記機能を追加しました。

  • 抽出されたテキストデータを出力するとき、データのソートを掛けるかどうかの選択が可能ソート対象は文字列、座標X、座標Y。(現状では入力順)
  • 抽出されたテキストデータをHTML形式で出力可能(現状ではCSV,RTFのみ)
  • 抽出されたテキストデータをe-mail転送が可能
関連ページ

KDprintコンバート

11月

KDdriver for Windowsソフト(Windowsプリンタドライバを利用したラスター出力)に600DPI/A0版を新規リリース

新製品
製品概要

Windowsアプリケーションソフト(MS-OFFICE,Acrobat,DocuWorks等)からプリンタドライバを利用して、ラスターデータを生成するソフトKDdriver for Windows製品に解像度600DPI、最大用紙サイズA0をサポートします。

主な機能
  • 指定できる解像度は600,300,200,150,100DPIの5種類です。
  • 機能面は従来製品(400DPI/A0)と同等です。
  • 製品名はKDdriver for Windows(A0/600DPI)

※ A0サイズのPDFファイルは、Acrobatの仕様により4OODPI以上の解像度では変換できません。

対応OS

Windows NT4.0 / 2000 / XP

標準価格

15万円/本
(OSにより製品が異なります。モノクロ/カラーは別売り)

関連ページ

KDdriver for Windows

DTP(MS-OFFICE,PDF,DocuWorksなど)データからラスター変換するソフト(DTP*RS製品)に600DPI/A0版の追加サポート

新機能・機能更新
対応製品名

DTP*RS製品

機能拡張

DTPデータ(MS-OFFICE,PDF,XDW,VISIOなど)からラスターデータに変換する既存ソフト(DTP*RS製品)にA0サイズ版で最大解像度600DPIまで(従来は最大400DPIまで)指定できるようになりました。

  • 指定できる解像度は600、300、200、150、100DPIとなります。
  • 最大600DPIタイプはプリンタの解像度と同じになる場合が多いので、プリンタ印刷時の画質が良くなります。
  • 最大400DPIを利用するか、または最大600DPIを利用するかは、購入時に指定できます。

※ A0サイズのPDFファイルは、Acrobatの仕様により4OODPI以上の解像度では変換できません。

関連ページ

DTPデータ変換製品

PDFMGPDFソフト(PDF編集)において、PDFデータにバーコードデータの生成と合成を行うことが可能になりました。

新機能・機能更新
対応製品名

PDFMGPDF

機能拡張

既存PDF編集ソフト(PDFMGPDF製品)に下記機能を追加しました。

【主だった機能】 テキスト形式のファイルをバーコードデータ(1次元、2次元のイメージ)に変換し、そのバーコードデータを既存のPDFデータと合成することが可能になりました。

【対応バーコード】 1次元(CODE39,CODE128,JAN13,ITF,NW-7) 2次元(QRコード(モデル2のみ)、マイクロQRコード

10月

Illustrator10Jを利用して、PDF/SVG/DXF等データからプリンタドライバー経由で、PDF/Raster/XDW等に変換するソフト(AITOPRN製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

AITOPRN

製品概要

Illustrator 10Jを利用して、Illustrator 10Jでサポートされている入力フォーマットPDF/SVG/DXF等データからプリンタドライバ経由で、PDF/Raster/XDW等に変換するバッチ変換ソフト

特長
  • プリンタドライバの選択を変更設定することで、ラスターデータ出力が必要ならKDdriver for Winodwsドライバを、XDWデータ出力が必要ならDocuWorksドライバを、PDFデータが必要ならAcrobat Distillerを選択することで可能です。
  • その他、Illustrator 10Jでサポートされている出力フォーマットも利用できます。
  • 出力時に利用されるプリンタドライバは別途必要です。 (有償:KDdriver for Windows,Acrobat Distillerなど)
  • 変換にDocuWorks Printerを利用することでアプリケーション文書(ベクターデータ)として出力することが可能です。アプリケーション文書にすることでデータ容量をコンパクト化することができます。
標準価格

40万円(税抜き)/本

関連ページ

KDprintコンバート

レギュラータイプのAutoCADを利用してDWG/DXF/SXFデータを読み込み、DjVuデータに変換するソフト(ACD2DJ製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

ACD2DJ

製品概要

レギュラータイプのAutoCADを利用してDWG/DXF/SXFデータを読み込み、ドライバ経由でDjVuデータに変換するバッチ変換ソフト

主な機能
  • コマンドラインからの起動が可能で、フォルダ毎まとめて一括変換できます。
  • AutoCADを利用した変換を行うため、読み込み可能なDWG/DXF/SXFデータはバージョンを問わず高品質を保つことが可能です。
  • DWG/DXFデータのペーパー空間もサポートしています。
  • SXFデータはオートデスク社製品のSXFコンバータを利用します。
  • 出力されるラスターデータはカラーの高圧縮(DjVu)が可能です。
  • その他にも、JPEG,PNG,TIFFなども出力可能です。

※DjVuファイルの出力数に応じてページカートリッジ費用が必要になります。 ※DjVuテクノロジーは開発後リザードテック・インクに権利移管、本製品の一部には、リザードテック・インクの著作物が含まれています。 ※サポート契約(年間5万円)が必須になります。

標準価格

50万円(税抜き)/本

関連ページ

AutoCAD関連製品

DocuWorks(XDW)データを作成するソフトに、自己解凍モードや入力ファイルを添付する機能を追加

新機能・機能更新
対応製品名

*TOXDW / *3XDW / XDWMGXDW
(RS3XDW, H2TOXDW, PLOT2XDW, DTP2XW, XDWMGXDW)

機能拡張

DocuWorks(XDW)データへの出力変換が可能なバッチ変換ソフト(*TOXDW,*3XDW,XDWMGXDWの各製品)に、要望の多い下記機能を追加します。
【主だった機能】

  • 出力されるXDWデータは自己解凍モードの選択が可能
    (DocuWorksソフトがインストールされていなくても、XDWデータを開いて表示可能)
  • 変換元の入力データ(HP-GL,WORD/EXCELなど)を出力されるXDWデータに
    添付することが可能

【DocuWorks出力対応製品一覧】

  • RS3XDW(ラスター/XDW変換),H2TOXDW(HP-GL2/XDW変換)など
  • PLOT2XDW(PLOT・ラスター/XDW変換(Windows Driver利用)
  • XDWMGXDW(XDWデータの編集)
  • DTP2XDW(DTP(OFFICE)/XDW変換)
関連ページ

DocuWorks関連の変換ソフト

9月

PlotterデータをDocuWorks Printer利用してXDW(アプリケーション文書)へ出力ソフトを新規リリース

新製品
対応製品名

PLOT2XDW

製品概要

PLOTデータ(HP-GL,HP-GL/2,OFI)からDocuWorks printer を利用XDWデータに変換するソフト

特長

変換にDocuWorks Printerを利用することでアプリケーション文書(ベクターデータ)として出力することが可能です。アプリケーション文書にすることでデータ容量をコンパクト化することができます。

【主だった機能】

  • DocuWorks Printerからの出力によりアプリケーション文書のXDW出力が可能。
    アプリケーション文書にすることによりデータの軽量化が行えます。
  • コマンドラインからの起動で、フォルダ毎一括変換が可能。
  • モノクロ/カラーの双方XDW出力が可能。
  • 本製品1つでHP-GL,HP-GL/2,OFI,Rasterの読み込みが可能。
  • 入力データに合わせた用紙サイズで、XDWデータの生成が可能。
  • 出力されたXDWデータに自己解凍機能が対応。
  • 入力データをXDWに元データとして添付ファイル化が可能。
  • ラスターデータの入力に対応しています。

ラスターデータからの出力はイメージ文書のXDWです。

標準価格

35万円(税抜き)/本

関連ページ

SXFフォーマットの入力に対応。(既存のACD製品にSXF対応を追加)

新機能・機能更新
対応製品名

ACD*製品
(ACD2RS(C), ACD3RS(C), ACDTOPST, ACDTOSVG, ACDTOH2, ACDTOPRN)

機能拡張

オートデスク社製のSXFコンバータ(SXF/DWG変換)を利用して、SXFデータの読み込みを行い、
ラスター、ベクター、PS/PDFへの変換に対応しました。別途SXFコンバータソフトが必要になります。
【SXF入力対応製品一覧】

  • ACD2RS,ACD2RSC,ACD3RS,ACD3RSC(AutoCAD (DWG,DXF,SXF)/Raster変換)
  • ACDTOPST(AutoCAD (DWG,DXF,SXF)/PDF,PostScript変換)
  • ACDTOSVG(AutoCAD (DWG,DXF,SXF)/SVG変換)
  • ACDTOH2(AutoCAD (DWG,DXF,SXF)/HP-GL2変換)
  • ACDTOPRN(AutoCAD (DWG,DXF,SXF)/Printer Driver経由の印刷)
関連ページ

AutoCAD関連製品

SVG編集ソフト、XDW編集ソフトにバーコード生成と合成機能を追加

新機能・機能更新
対応製品名

SVG編集ソフト / XDW編集ソフト

機能拡張

XDW、SVG編集ソフトにバーコードイメージ(1次元、2次元)を生成、合成する機能を追加しました。SVGデータでは携帯電話でのバーコード読み取り機能に関連して活用できます。合成するバーコードは指定されたテキスト形式のファイルに文字列を記述することにより作成します。

【対応バーコード】

  • 1次元(CODE39,CODE128,JAN13,ITF,NW-7)
  • 2次元(QRコード(モデル2のみ)、マイクロQRコード)
関連ページ

データ編集製品

DTPデータ(MS-Office、PDF)から超高圧縮フォーマット「DjVu」への変換ソフトの販売開始

新製品
対応製品名

DjVu出力ソフト
(DTPTODJ, DTP2DJ, KDDjVudriver for Windows, RSTX3DJ, RS3DJ)

製品概要

DTPデータから超高圧縮フォーマット「DjVu」への出力するソフト

特長

Microsoft Office(Word,Excel,PowerPoint)、Adobe Acrobat(PDF)、FujiXerox DocuWorks(XDW)、Microsoft Visio、標準ブラウザ(HTML,XML)ファイルを超軽量、高速表示が可能なイメージドキュメントフォーマットDjVuへ変換します。

※通常のイメージ画像と比較した場合、100分の1から1000分の1のデータ容量になります。 同程度の品質のJPEG・PDFなどの既存の圧縮画像に比べた場合データ容量は5~10分の1になります。

標準価格
製品名 価格
(税抜き)
DTPTODJ 40万円
DTP2DJ 45万円
KDDjVudriver for Windows (NT4.0 / 2000 / XP) 各25万円
RSTX3DJ 45万円
RS3DJ 40万円

※DjVuファイルの出力数に応じてページカートリッジ費用が必要になります。
※DjVuテクノロジーは開発後リザードテック・インクに権利移管、本製品の一部には、リザードテック・インクの著作物が含まれています。
※サポート契約(年間5万円)が必須になります。

8月

LINUX対応ビューアソフト(KDreader for LINUX)を新規リリース(HPGL,HPGL/2,DXF,DWG,OFI,Raster(イメージ)などをサポート)

新機能・機能更新
対応製品名

KDreader for LINUX

製品概要

LINUX対応ビューアソフト

特長
  • HPGL,HPGL/2,DXF,DWG,OFI,Raster(イメージ)の表示をサポートしています。
  • 表示機能には拡大・縮小、回転があります。データの編集はサポートしていません。
標準価格

15万円/5本
(1ライセンス/3万円になります。ただし、5本単位の販売となり、実質15万円からとなります。)

PLOT,CADデータの文字抽出を行い、文字情報をRTF,CSVファイルへ出力するソフトを新規リリース

新製品
対応製品名

*TOTX製品
(HPTOTX, H2TOTX, OFITOTX, DXFTOTX, DWGTOTX)

製品概要

PLOT,CADデータの文字抽出を行い、文字情報をRTF,CSVファイルへ出力するソフト

特長

PLOTデータ(HPGL,HPGL/2,OFI)、CADデータ(DXF,DWG)を読み込み文字データ情報のみ抽出を行い取得した文字情報をCSV形式やRTF(リッチテキストファイル:MS-WORDでの処理可)ファイルへ出力(変換)します。 取得可能な情報項目は、文字数/抽出文字列/色番号/文字サイズ/文字傾き/文字原点(左下)/レイヤー名からなります。 PLOT、CADデータも文字検索に利用できます。

標準価格
製品名 変換内容 価格
(税抜き)
HPTOTX HP-GLからのTEXTデータ抽出ソフト 20万円
H2TOTX HP-GL/2からのTEXTデータ抽出ソフト 20万円
OFITOTX OFIからのTEXTデータ抽出ソフト 20万円
DXFTOTX DXFからのTEXTデータ抽出ソフト 20万円
DWGTOTX DWGからのTEXTデータ抽出ソフト 20万円
関連ページ

KDprintコンバート

イメージデータのビューイングソフト(KDviewIG for Windows)英語版を新規リリース

新製品
対応製品名

KDviewIG for Windows

製品概要

イメージデータのビューイングソフト(KDviewIG for Windows)英語版

特長

既存のイメージデータビューイングソフト(KDviewIG for Windows)を英語圏で利用できるようGUI、メッセージ、ヘルプなどを英語にしたソフトを新規リリースします。

標準価格
  • 価格は従来製品である日本語版と同様になります。
  • 7.5万円/本(ただし、5ライセンス単位の販売となります。)

KDconvertソフトシリーズ(PDF入出力製品)におけるAdobe Acrobat6.0へのサポート

新機能・機能更新
対応製品名

PDF入出力製品
(DTP2XDW, DTPTOPDF DTPTOPRN, KDauto_trans(機能強化版, PDF機能強化版, PDF出力機能強化版) PDFMGPDF, など)

機能拡張

Adobe Acrobat製品を利用したKDconvertソフトシリーズがAdobe Acrobat6.0までのサポートになりました。従来製品はAdobe Acrobat5.0までのサポートでした。
【KDconvertソフトシリーズ(PDF入出力製品)】

  • DTP*RS、DTP*RSC、DTP2XDW、DTPTOPDF、DTPTOPRN
  • KDauto_trans(機能強化版、PDF機能強化版、PDF出力機能強化版)
  • PDFMGPDF
関連ページ

7月

AutoCAD互換ソフトであるintelliCADを利用したDXF,DWGデータからラスター、PostScript/PDFなどへの変換ソフトの新規リリース

新製品
対応製品名

ITC*製品
(ITC2RS(C), ITC3RS(C), ITCTOPST, ITCTOH2, ITCTOSVG)

製品概要

AutoCAD互換ソフトであるintelliCADを利用したDXF,DWGデータからラスター、PostScript/PDFなどへの変換ソフト

特長

AutoCADと極めて高い互換性をもったオープンソースの汎用AutoCADであるintelliCADを利用してDWG,DXFデータからラスターデータ(TIFF,BMP,JPEG,PNGなどの多数のフォーマット)、PostScript/PDFなどに変換するソフトを新規リリースします。
既にリリースしているAutoCAD(レギュラータイプ)を利用して、同様な変換をしているソフト(ACD*ソフト)よりは少し制限がありますが、AutoCAD(レギュラータイプ)が無くても、intelliCAD(29,800円)が搭載されていれば変換可能ですので、トータル価格が安くなります。
AutoCAD(レギュラータイプ)を利用した製品(ACD*)より、次の制限があります。

  • IntelliCADではペーパー空間でレイアウトを複数設定することはできないので1回の変換につきレイアウト1ページを変換します。変換されるレイアウトは保存したときに開かれていたレイアウトになります。
  • 窓の設定がAutoCADでは最大8個まで設定できましたが、IntelliCADでは
    レイアウト1つにつき窓1つまでになります。
  • ページ設定がないのでhpgl/2データに出力するときのサイズはデータの図形範囲で出力されます。
    よってA0~A5,B1~B5 以外のサイズのデータの場合はデフォルトのA0サイズ、もしくはデータのサイズのひとまわり小さいサイズで出力されます。
標準価格

標準価格は次のとおりです。
※(intelliCADは含みません)

製品名 変換内容 価格
(税抜き)
ITC2RS
ITC2RSC
DXF, DWG/ラスター変換 40万円
ITC3RS
ITC3RSC
DXF, DWG/長尺ラスター変換 45万円
ITCTOPST DXF, DWG/PostScript, PDF変換 35万円
ITCTOH2 DXF, DWG/HP-GL/2変換 25万円
ITCTOSVG DXF, DWG/SVG変換 35万円

ビューアソフト(KDviewDF,VC,IG for Winodows製品)の機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

KDviewDF / VC / IG for Windows

機能拡張

ビューアソフトシリーズ(KDviewDF,VC,IG, for Windows)の機能拡張を行いました。 主な機能拡張は次のとおりです。

  • 比較ビューア(KdviewDF)において、新旧図形の比較位置合わせを手動で行えるように
    なりました。今までは自動位置合わせでしたので、原点位置が微妙にズレてしまいましたが、
    この様な場合には手動で原点位置を合わせることで、比較し易くなりました。
  • 長尺サイズのデータを自動判定して印刷が可能になりました。
  • 出力にPDFをサポートしました。(比較結果などに有効です。)
  • 入力データの大きさを示すのに、ドット数で表現してありましたが、mmでの表現も追加しました。

HP-GL,HP-GL/2、ラスターデータからSXFデータへの変換時、拡張子(*.p21)(part21形式)のサポート

新機能・機能更新
対応製品名

HPTOSXF / H2TOSXF / OFITOSXF / RS3SXF

機能拡張

PLOTデータ(HP-GL,HP-GL/2,OFI、ラスターなど)データからSXFデータへの変換時、出力されるSXFデータにPart21形式(拡張子がp21)が可能になりました。従来は拡張子がsfcのみのサポートでした。

サポートできるようになった製品は次のとおりです。

  • HPTOSXF (HP-GL/SXF変換)
  • H2TOSXF (HP-GL2/SXF変換)
  • OFITOSXF (OFI/SXF変換)
  • RS3SXF (Raster/SXF変換)
関連ページ

KDcadコンバート

6月

PostScriptデータからPDFデータ変換や印刷を行うソフト(PS2PRN製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

PS2PRN

製品概要

PostScriptデータからPDFデータ変換や印刷を行うソフト

主な機能

Adobe Acrobat Distillerを利用して、PostScriptファイルからPDFファイルへの変換やラスタ出力・印刷が行える製品(PS2PRN製品)を新規リリースします。(Adobe Acrobatはアドビシステム社のライセンス契約に準拠が必要です。)

  • コマンドラインやGUIから一括して、既存のPostScriptファイルをPDFファイルに変換が可能です。
    また、搭載されているプリンタドライバを利用して、プリンタ/プロッタにPostScriptファイルを印刷することもできます。
  • KDdriver for Winodwsも本ソフトにはバンドル(内蔵)しておりますので、プリンタドライバにKDdriver for Winodwsを選択することで、一括してPostScriptファイルからラスターファイル(TIFF,PNGなど)が生成できます。
標準価格

45万円(税抜き)/本

関連ページ

DTPデータソフト

AutoCAD関連ソフト(ACD*RS,ACDTOPST,ACDTOACD製品など)に、AutoCAD2004のサポートが可能になりました。

新機能・機能更新
対応製品名

ACD*製品
(ACD2RS(C), ACD3RS(C), ACDTOPST, ACDTOACD, ACDTOH2, ACDTOSVG)

機能拡張

AutoCAD関連ソフトにオートデスク社が4月にリリースしたAutoCAD2004のサポートができるようになりました。従来はAutoCAD2002まででした。

AutoCAD2004をサポートできるようになった製品は次のとおりです。

  • ACD2RS,ACD2RSC,ACD3RS,ACD3RSC
  • ACDTOPST
  • ACDTOACD
  • ACDTOH2
  • ACDTOSVG
関連ページ

AutoCAD関連製品

PDFデータの編集ソフト(PDFMGPDF製品)にしおりの書き出しやメール配信などの機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

PDFMGPDF

機能拡張

PDFデータの編集ソフト(PDFMGPDF製品)に下記機能拡張を行いました。

  • 指定ページ同士の入れ替えが可能(Replace機能)
  • エラー時の入力ファイルを移動するか、コピーするか選択が可能
  • しおりデータをCSV形式でファイル出力可能
  • JavaScriptによる有効期限設定が可能
    (メッセージダイアログ表示・表示画面を指定ページへ強制移動)
  • 注釈をFDF形式のファイルに出力が可能
  • 編集されたデータやメッセージデータをメール配信が可能。(-EMパラメータ)
  • 入力PDFデータの状況(ページ数など)のファイル出力が可能(-QDパラメータ)

PDFデータにセキュリティが設定されていた場合、自動解除し処理を続行するDTPソフト(DTP2RS、DTP2RSCなど)の機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

DTPソフト

機能拡張

PDFデータにセキュリティが設定されていた場合、現状ソフトでは対応できていませんでしたが、セキュリティ設定情報が判っていれば、セキュリティ情報を指定することで自動解除を行い、ラスターデータに変換可能となりました。設定できるセキュリティ情報は複数個指定可能です。
なお サポートできるセキュリティは「標準セキュリティ」のみで、「Self Signセキュリティ」には不可となっております。
Acrobat4.0以降が搭載されている場合のみ有効となります。
下記ソフトのPDFセキュリティ設定解除機能処理を追加します。

  • DTP2RS、DTP2RSC
  • DTP2XDW
  • DTPTOPDF
  • DTP2PRN
関連ページ

DTPデータ変換ソフト

XDWデータの編集ソフト(XDWMGXDW製品)にバインダー処理、新旧XDWデータの比較などの機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

XDWMGXDW

機能拡張

XDWデータ(DocuWorks)の編集ソフト(XDWMGXDW製品)に下記機能拡張を行いました。

  • バインダーを作成します。
    バインダー内のDocuWorks文書の取り出し、削除、習得などが可能
  • 2つの新旧DocuWorks文書を比較し、違いを色替え(赤(削除)、青(追加))して DocuWorks文書で作成することが可能
  • 変換結果(XDW,ログファイル、メッセージファイルなど)を指定先にメール送信が可能
関連ページ

XDWMGXDW

HP-GL,HP-GL/2,ラスタからXDW(DocuWorks)への変換ソフト(*TOXDW製品)に、文字検索できるようにテキストコード付き出力や出力結果のメール配信が可能になりました。

新機能・機能更新
対応製品名

*TOXDW製品

機能拡張
  • ベクターデータ(HP-GL,HP-GL/2,OFI,DXF,DWG等)からXDWデータ(DocuWorks)に
    変換するとき、ベクターデータ内にあるテキストデータをそのままXDWデータの
    テキストコードとして、検索利用できるような機能を追加しました。
  • オプションパラメータ(-TEXTOUT)で、検索可能なテキスト出力ができます。
    従来はベクターデータをイメージデータに変換し、XDWデータにしてありましたので、
    検索ができませんでした。
  • また、ラスターデータからXDWデータに変換するソフト(RS3XDW製品)はDocuWorks製品に 内蔵しているOCR変換を利用して、テキストコードで出力できる様に機能拡張しました。
    この機能により文字検索が可能になりました。
  • 出力結果(XDW、ログファイル、任意メッセージ)を指定アドレスにメール配信が可能になりました。
関連ページ

5月

Illustratorデータ(aiファイル)からSVG,PDF,ラスターデータなどに一括変換するソフト(AITOKD製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

AITOKD

製品概要

Illustratorデータ(aiファイル)からSVG,PDF,ラスターデータなどに一括変換するソフト

特長

Illustrator v10Jを利用してaiファイル(Illustratorファイル)を読み込み、SVG,PDF,TIFF,BMPデータに一括変換するソフト(AITOKD製品)を新規リリースします。(Windowsのみサポート) コマンドライン(DOS操作)から起動され、フォルダ内を一括変換することが可能です。

AITOKDソフトの主な機能拡張は次のとおりです。

  • フォルダ内のaiデータを一括変換が可能。(コマンドラインによるバッチ変換)
  • 変換される出力フォーマットはSVG,PDF,TIFF,BMPが可能。 変換されるフォーマットの機能はIllustrator 10Jに準拠します。
標準価格

30万円(税抜き)/本

関連ページ

KDprintコンバート

KDコンバートシリーズのバッチ変換ソフトすべてに、ログファイルや履歴ファイルをXMLファイルに変換する機能の追加

新機能・機能更新
対応製品名

KDコンバートシリーズのバッチ変換ソフト

機能拡張

KDコンバートシリーズのバッチ変換ソフト(KDprint,KDcad,KDrasterコンバート)の変換結果を現在ログファイル(-logパラメータ)や履歴ファイル(-rirekiパラメータ)で確認しておりますが、Web上で確認するために、このログファイルや履歴ファイルをXMLファイルに変換する機能を追加しました。
それぞれXML化するためのパラメータとして、-XMLLOGxxxx,-XMLRIREKIxxxxを追加しました。
(xxxxは出力ファイル名を指定します。)

関連ページ

バッチ変換時のラスター出力ソフト(ラスタ/ラスタ変換、ベクタ/ラスタ変換)に、変換結果をメール送信する機能の追加

新機能・機能更新
対応製品名

ラスター出力ソフト

機能拡張

バッチ変換のラスター出力関連ソフト(ラスター/ラスター変換、ベクター/ラスター変換)に、変換結果をメール送信も合わせて送れるようになりました。 (Windows版のみ)
従来は変換結果をファイル出力のみでした。

メール送信の主な設定機能は次のとおりです。

  • メールアドレス設定
  • メールのタイトル指定
  • 送信したい任意メッセージファイルの指定
  • 送信したいログファイル、履歴ファイルのオン/オフ
関連ページ

4月

AutoCADデータ(DWG,DXF)の編集ソフト(ACDTOACD製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

ACDTOACD

製品概要

AutoCADデータ(DWG,DXF)の編集ソフト

主な機能

AutoCADデータ(DWG,DXF)をAutoCAD2000レギュラータイプを利用して、データ編集(用紙サイズにスケール、クリップ)し、DWG,DXFデータに変換するソフト(ACDTOACD製品)を新規リリースします。
ACDTOACDソフトの主な機能拡張は次のとおりです。

  • フォルダ内のDWG,DXFデータを一括変換が可能。(コマンドラインによるバッチ変換)
    入出力ともにDWG,DXFデータが可能で、相互変換されます。
  • 入力データを範囲指定してクリッピング(切り抜き)を行い、その範囲のデータのみ出力可能。
  • 用紙サイズ(A4-A0)を指定して、そのサイズにスケーリングすることが可能。
標準価格

25万円(税抜き)/本

関連ページ

AutoCAD変換ソフト

PDF編集ソフト(PDFMGPDF)の機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

PDFMGPDF

機能拡張

PDFデータの編集ソフト(PDFMGPDF)(セキュリティ設定、ページ合成・削除・分割、ページ番号や任意文字列の合成、しおり生成などの編集が可能)の機能拡張を行いました。

PDFMGPDFソフトの主な機能拡張は次のとおりです。

  • WEB用に最適化して保存。(表示が速くなる)
  • PDFを比較して比較結果をPDF出力。(Adobe Acrobatの文書比較機能を利用)
  • PDFにテキストを合成する位置を最前面もしくは再背面に設定可能。
  • 実行結果の履歴ファイルをXML化したファイルで出力。(WEBで参照)
  • セキュリティを解除して編集する機能。編集後に元と同じセキュリティを再設定が可能。
  • 出力ファイルの用紙サイズ毎に出力するフォルダ(A0―A4、A0長尺―A4長尺)を設定が可能。

XDWデータの編集ソフト(XDWMGXDW製品)の機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

XDWMGXDW

機能拡張

また、XDWデータの編集ソフト(XDWMGXDW)(セキュリティ設定、ページ合成・削除・分割などの編集が可能)の機能拡張を行いました。

XDWMGXDWソフトの主な機能拡張は次のとおりです。

  • XDWデータにセキュリティ機能(パスワードによる保護)が設定可能。
  • 変換エラー時の入力データの複写/移動の指定。
  • 元データをXDWファイルに添付することが可能。
  • 履歴ファイルをXML化して、WEBで参照できることが可能。
  • 出力ファイルの用紙サイズ毎に出力するフォルダ(A0―A4、A0長尺―A4長尺)を設定が可能。

PLOT/CAD/イメージからPDFに変換するソフト(*TOPST製品)に、WEB表示用に最適化する機能を追加

新機能・機能更新
対応製品名

*TOPST製品

機能拡張

HP-GL,HP-GL/2,OFI,DWG、DXF,ラスター(TIFF,JPEG,PNGなど)データからPDFデータに変換するソフトに機能拡張を行いました。 主な機能拡張は次のとおりです。

  • WEB表示用に最適化して保存。(Adobe Acrobat/SDKを利用した場合のみ)
    WEB表示用に最適化すると、ベクターデータは高圧縮されファイル容量が減少し、
    高速でアクセスが可能となります。
    ただし、イメージデータはほとんど効果がありません。
  • 実行結果の履歴ファイルをXML化したファイルで出力。(WEBで参照)
関連ページ

KDprintコンバート

PLOT/CAD/イメージからXDW(DocuWorks)に変換するソフト(*TOXDW製品)に、元データを添付する機能を追加

新機能・機能更新
対応製品名

*TOXDW製品

機能拡張

HP-GL,HP-GL/2,OFI,DWG、DXF,ラスター(TIFF,JPEG,PNGなど)データからPDFデータに変換するソフトに機能拡張を行いました。
主な機能拡張は次のとおりです。

  • WEB表示用に最適化して保存。(Adobe Acrobat/SDKを利用した場合のみ)
    WEB表示用に最適化すると、ベクターデータは高圧縮されファイル容量が減少し、
    高速でアクセスが可能となります。
    ただし、イメージデータはほとんど効果がありません。
  • 実行結果の履歴ファイルをXML化したファイルで出力。(WEBで参照)
関連ページ

KDrasterコンバート(ベクター/ラスター変換)

LINUX版ソフトにおけるベクター/ラスター変換(VRC)時、文字パターン生成にOS搭載フォントを選択可能

新機能・機能更新
対応製品名

LINUX版ソフト(ベクター/ラスター変換)

機能拡張

ベクター/ラスター変換(VRC)時、従来ソフトでの文字パターンは1種類(明朝文字)でしたが、LINUX上に搭載されているフォントを選択して、文字パターン発生が可能になりました。

文字パターン生成可能なフォントの例として、OS上に組み込まれてあれば、次の種類があります。

  • Ture Type Font 漢字書体5書体:リコー
  • HG明朝L&HGP明朝L 、HGゴシックB&HGPゴシックBなど

主なベクター/ラスター変換ソフトのベクター入力フォーマットは次のとおりです。

  • HP-GL/2(H22RS、H23RSなど)、OFI(OFI2RS,OFI3RSなど)、DWG(DWG2RS,DWG3RSなど)
関連ページ

KDrasterコンバート(ベクター/ラスター変換)

3月

DTP(MS-OFFICE,PDFなど)データからDjVu(米国AT&T研究所で開発)データへの変換ソフト(DTPTODJ,DTP2DJ製品)とDjVuデータ出力が可能なプリンタドライバソフト(KDDjVudriver for Windwos)の新規リリース機能拡張

新機能・機能更新

注意事項
本項目のリリースはDjVu開発元との契約により、2003年5月1日時点では販売契約が締結しておりません。現在交渉中ですが、今の所DjVu製品で販売可能なソフトはRS3DJ(ラスター/Djvu変換)のみとなります。
従って、DTPデータ(MS-OFFICE,PDFなど)からDjVuデータへの変換は、面倒ですが、一度DTPTORSC,DTP2RSC製品(DTP/ラスター変換)を利用してラスター(カラー)に変換後、RS3DJ製品を使ってラスター/DjVu変換を行うことで可能となります。

対応製品名

DTPTODJ / DTP2DJ / KDDjVudriver for Windows

製品概要
  • DTPデータからDjVu(米国ATx研究所で開発)データへの変換ソフト(DTPTODJ,DTP2DJ)
  • DjVuデータ出力が可能なプリンタドライバソフト(KDDjVudriver for Windwos)
主な機能

DjVu(デジャヴ:米国AT&T研究所で開発後、米リザードテック・ソフトウエア社に権利移管)データを作成するソフトの第2弾を新規リリースします。(WindowsNT4.0/2000/XPのみサポート) 次の3種類のソフトを新規リリースします。

  • DTPデータ(MS-OFFICE,PDFなど)からDjVu データに変換するソフト
    (DTPTODJ製品,DTP2DJ製品)
    コマンドラインベースのバッチ変換が可能となります。(フォルダ内のデータを一括変換)
    機能は既存製品のDTPTORSC製品、DTP2RSC製品(DTP/カラーラスタ変換)と同じで、変換されるカラーの ラスターデータ(TIFF,PNG,JPEGなど多数)にDjVuフォーマットが追加された仕様となります。

  • プリンタドライバ(Windowsの印刷指令)によるDjVu データの作成ソフト
    (KDDjVudriver for Windows製品)
    機能は既存製品のKDdriver for WindowsNT4.0/2000/XP(カラー)製品と同じで、変換されるカラーのラスターデータ(TIFF,PNG,JPEGなど多数)にDjVuフォーマットが追加された仕様となります。

  • ラスターデータに指定テキストを合成し、DjVuデータなどの変換ソフト
    (RSTX3DJ製品)
    機能は既存製品のRS3DJに入力ラスターデータに指定テキスト(任意文字(タイトル、ページや日付けなど))を 合成し、ラスターデータ(TIFF,PNG,JPEG,DjVuなど多数)に変換する仕様となります。
標準価格
製品名 価格
(税抜き)
DTPTODJ 40万円
DTP2DJ 45万円
KDDjVudriver for Windows (NT4.0 / 2000 / XP) 各25万円
RSTX3DJ 45万円

(その他に、DjVuを利用する毎にカウントされるページカートリッジ費用が必要になります。)

<サポート契約必須>
サポート契約は必須ですので、製品ご購入時にサポート契約を締結して頂きます。(年間保守料5万円)

PLOT/CAD/ImageデータからimageWARE Document Manager(キヤノン製ハンドリングソフト)へのプラグインソフト(KDplug_in for imageWARE製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

KDplug_in for imageWARE

製品概要

PLOT/CAD/ImageデータからimageWARE Document Manager(キヤノン製ハンドリングソフト)へのプラグインソフト

主な機能

PLOTデータ(HP-GL,HP-GL/2,OFI,GERBER)、CADデータ(DWG,DXF)とラスターデータ(TIFF,CALS, EDMICS,FX-MMRなど) を読み込み、imageWARE Document Manager2002 のデスクトップ上にサムネール表示するプラグインソフトの第2弾を新規リリースします。

変換されたデータはすべてイメージデータに展開されます。(イメージデータに展開するときの解像度は設定可能です。)デスクトップ上に表示されたデータはimageWARE Document Manager2002の編集コマンドで自由に変更可能です。

また、特殊機能として2つの図形の比較を行い図面校正が行えます。 新旧2つの図形データを選択し、違いを見つけるために比較処理を行い、違いのある所には赤色(削除部分)や青色(追加)の色で表現(同じ所は黒色)され、DeskTop上にサムネール表示されます。 新旧図形データの比較機能は次のとおりです。

  • 新旧図面の原点が異なる場合、自動的に原点位置合わせし、2図面比較を行います。
  • スキャナーから取り込まれたデータなどでも比較できるように、原点調整、微小な傾き補正、ノイズ除去などを行います。
  • 差分領域を囲む枠表示が可能です。
    その際、枠表示の色指定、線幅指定、図形からのオフセット量の指定が可能です。
標準価格

15万円(税抜き)/本 (5本単位での販売)

ビューアソフト(KDviewIG for Windows,KDviewVC for Windows製品)の機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

KDviewIG / KDviewVC / KDviewDF for Windows

機能拡張

イメージデータやCAD/PLOTデータをビュイングするビューアソフト(KDviewIG for Windows,KDviewVC for Windows,KDviewDF for Windows)の機能拡張を行いました。

拡張機能は次のとおりです。

  • スキャナーからの読み込みが可能。
  • 外部ファイル名を与え、その中で指定したファイル名による一括読み込みが可能。
  • 拡張子なしデータも「*」を指定することで読み込み可能。(KDviewIGを除く)
  • 2点間の距離表示データの印刷が可能。
  • スタンプ(任意の文字、イメージ)の合成が可能。

2月

ラスターデータからDjVu(米国AT&T研究所で開発)データへの変換ソフト(RS3DJ製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

RS3DJ

製品概要

ラスターデータからDjVu(米国ATx 研究所で開発)データへの変換ソフト

主な機能

数々のラスターデータ(TIFF,CALS,BMP,IOCA,PNG,JPEG,EDMICS 他多数など)からDjVu(デジャヴ:米国AT&T研究所で開発後、米リザードテック・ソフトウエア社に権利移管)データやPDFデータ、数々のラスター データに変換するソフト(製品名:RS3DJ)を新規リリースします。コマンドラインからの起動です。
(Windows版のみ、GUIなし)
DjVuフォーマットは高圧縮(圧縮率はJPEGの5-10倍)で知られており、特に画像、文字、カラーが混在するデータでは高圧縮され、WEB用のドキュメント配信などに効果があります。

DjVuテクノロジーについての紹介
CCS-Net:”http://www.komatsu.co.jp/css/htm/djvu.htm”

広く利用されている既存ソフトのラスター/ラスター変換ソフト(RS3RS製品)の入出力機能がそのまま利用 でき、その上にDjVuフォーマットの相互変換が可能です。

RS3DJ製品の特長は次のとおりです。

  • コマンドラインからのバッチ変換が可能。同一フォルダなら一括してすべて変換可能。
  • RS3RS製品ソフトの全入力フォーマットとDjVuフォーマットが読み込み可能。 (カラー/モノクロ併用) TIFF,JPEG,PNG,BMP,CALS,IOCA,XWD,SunRaster,PCX,EDMICS,MIEL,NSXPRESS,FORMTEK, CCRF,EXIF,FX-Raster,DocuWorks,GTX-G4とその上にDjVuデータの読み込みが可能です。
  • 変換される出力フォーマットはRS3RS製品の全出力フォーマットとDjVuフォーマットが可能。 TIFF,JPEG,CALS,PNG,BMP,XWD,SunRaster,IOCA,MIEL,EDMICS,FX-Raster,HP-RTL,PDF, PostScript,DocuWorksとその上にDjVuデータの出力が可能です。
  • 編集機能が豊富。(スケール、回転、クリップ、複数イメージの合成、データ比較など)
  • マルチページ/シングルページ変換、特定ページの抜き出し変換が可能。
  • イメージデータを任意の位置に貼り付けることが可能。
標準価格

40万円(税抜き)/本

(その他に、DjVuを利用する毎にカウントされるページカートリッジ費用が必要になります。)

<サポート契約必須>
サポート契約は必須ですので、製品ご購入時にサポート契約を締結して頂きます。(年間保守料5万円)

順次下記DjVu関連製品のリリースを予定しています。

  • MS-OFFICE,Acrobat Readerなどからのプリンタドライバ経由でのDjVuフォーマット出力 (仮称:KDdriver for DJ(WinodwsNT4.0/2000/XP) (KDdriver for Windowsに準拠した機能を搭載予定)
  • コマンドラインからバッチ変換が可能なDTPデータ(MS-OFFICE,PDFなど)からDjVuデータへの 変換ソフト(仮称:DTPTODJ(DTPTORS製品に準拠した機能を搭載予定)

PLOT/CAD/ImageデータからimageWARE Document Manager(キヤノン製ハンドリングソフト)へのバッチ変換ソフトの新規リリース

新製品
対応製品名

*TOIMW製品
(H2TOIMW, HPTOIMW, OFITOIMW, DXFTOIMW, DWGTOIMW, RS3IMW)

製品概要

PLOT/CAD/ImageデータからimageWARE Document Manager(キヤノン製ハンドリングソフト)へのバッチ変換ソフト

主な機能

PLOTデータ(HP-GL,HP-GL/2など)、CADデータ(DWG,DXF)やラスターデータ(TIFF,CALS,PNGなど
特殊フォーマット多数)からキヤノン製ハンドリングソフトであるimageWARE Document Manager 2002で
利用できるデータに一括して変換できるバッチ形式ソフトを新規リリースします。
imageWARE Document Manager 2002/SDKを利用しますので、Windows版のみのサポートとなります。
図面管理などに利用されるデータをフォルダ毎に一括変換したい場合などに有効です。

標準価格
製品名 変換内容 価格
(税抜き)
H2TOIMW HP-GL/2(ラスター付き)/imageWARE Document Manager変換ソフト 20万円
HPTOIMW HP-GL/imageWARE Document Manager変換ソフト 20万円
OFITOIMW OFI(ラスター付き)/ imageWARE Document Manager変換ソフト 20万円
DXFTOIMW DXF/imageWARE Document Manager変換ソフト 20万円
DWGTOIMW DWG/imageWARE Document Manager変換ソフト 20万円
RS3IMW ラスター/imageWARE Document Manager変換ソフト 20万円

PLOT/CAD/Imageデータからプリンタドライバー経由の印刷ソフト(KDprintout for driver製品)の機能拡張

新機能・機能更新
対応製品名

KDprintout for driver

製品概要

PLOT/CAD/Imageデータからプリンタドライバ経由の印刷ソフト

主な機能

HP-GL,HP-GL/2,OFI,DWG,DXF,ラスター(TIFF,BMP,JPEG,PNGなど)データを選択されたプリンタドライバ経由で印刷するソフト(KDprintout for driver製品)に、下記機能が追加されました。

  • 長尺(6A0)まで可能
  • True Type Font(Winodws Font)を利用した出力が可能(HP-GL,HP-GL/2,OFIのみサポート)
  • 用紙毎の回転指定が可能(天地逆転を防ぐパラメータの設定)
関連ページ

KDprintout for driver

1月

SVG(XML準拠の2次元ベクターWEBフォーマット)データの編集(合成、追加、削除)ソフト(SVGMGSVG製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

SVGMGSVG

製品概要

富士ゼロックス製ハンドリングソフトであるDocuWorksのプラグインソフト

特長

SVG(XML準拠の2次元ベクタWEBフォーマット)データの編集処理(合成、追加、削除)を行います。 コマンドラインから指定可能で、バッチ指定(-BATCH)により、フォルダ毎一括変換が可能です。

主な編集機能は次のとおりです。

  • フォルダ内SVGデータをまとめて一括変換することが可能。
  • 2つのSVGデータを1つに合成可能。
  • SVGデータの任意グループを削除することが可能。
  • SVGデータをグループ毎のSVGデータに分割が可能。
  • SVGデータに任意文字列を合成することが可能。
  • イメージデータを任意の位置に貼り付けることが可能。
  • SVGデータの白紙グループを検索し、削除することが可能。
  • SVGデータのテキストを外部ファイルに出力することが可能。
  • 出力SVGデータのサイズ毎に指定フォルダへ保存が可能
  • 変換エラーになった入力ファイルを指定フォルダへ移動/コピー指定が可能。
標準価格

25万円(税抜き)/本

ラスターデータ内のバーコードを自動抽出し、テキスト形式に変換するソフト(RSTOBAR製品)の新規リリース

新製品
対応製品名

RSTOBAR

製品概要

ラスターデータ内のバーコードを自動抽出し、テキスト形式に変換するソフト

主な機能

ラスターデータ(TIFF,BMP,CALS,PNG,JPEGなど)を読み込み、データ内部に存在するバーコードデータ(1次元)を自動認識し、テキスト形式で出力することが可能な、バッチ形式ソフトを新規リリースします。

変換機能の特長は次のとおりです。

  • 認識可能なバーコードはCODE39,CODE128,JAN/EAN-13,JAN/EAN-8,ITF,NW-7。
  • 読み取り範囲(全景も可能)指定が可能。
  • 少し傾きのあるラスターデータでも、バーコードの自動認識が可能。
  • コマンドラインからバッチ変換が可能。同一フォルダなら一括してすべて変換可能。
  • RS3RSソフトの全入力フォーマットが読み込み可能。
    (カラー/モノクロ併用)(カラー/モノクロ併用)
    TIFF,JPEG,PNG,CALS,IOCA,XWD,BMP,SunRaster,PCX,EDMICS,FX-Raster,
    MIEL,NSXPRESS,GTX-G4,FORMTEK,CCRF,EXIF,DocuWorks
標準価格

35万円(税抜き)/本

<サポート契約必須>
サポート契約は必須ですので、製品ご購入時にサポート契約を締結して頂きます。(年間保守料5万円)

TOP