カーネルコンピュータシステム

監視付き自動変換製品

自動変換

製品名製品概要
KDauto_trans (標準版) KDauto_transはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)と組み合わせて自動監視付き変換を行うオプションプログラムです。 自動監視付き変換とは指定されたフォルダにファイルを送る(コピーする)だけでそのファイルを自動認識し、あらかじめ設定された処理を自動的に行うことです。 KDauto_transは自動監視をするオプションプログラムであり、変換処理にはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)が別途必要になります。

自動印刷

製品名製品概要
KDauto_trans (印刷機能強化版) KDprintout for driverを使用して、 ベクターファイル(HP-GL, HP-GL/2, OFI, DXF, DWG)、ラスターファイル(TIFF, BMP, JPEG等)を指定したプリントドライバに自動印刷します。

自動バーコード情報読み取り

製品名製品概要
KDauto_trans (バーコード自動認識版) ラスターデータ(TIFF, JPEG等多数のフォーマット)から、バーコードデータ(QRコード, PDF417, 1次元バーコード)を自動認識し、 バーコード情報のCSVファイル出力やバーコード情報を出力ファイル名として出力します。

自動DocuWorks出力

製品名製品概要
KDauto_trans (DocuWorks出力機能強化版) ベクターファイル(HP-GL, HP-GL/2, OFI, DXF, DWG)、ラスターファイル(TIFF, BMP, JPEG等)を DocuWorks Printer経由でXDWファイルに変換します。

自動DTPデータ変換

製品名製品概要
KDauto_trans (機能強化版) KDauto_trans (標準版) + KDdriver の組み合わせにより各種DTPデータ (Word, Excel, PowerPoint, PDF, XDW, HTML, XMLなど) を自動監視してラスターデータに変換します。
KDauto_trans (長尺機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に長尺PDFファイルの変換とカラー/モノクロ出力を追加したアプリケーションです。
KDauto_trans (PDF出力機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に、KDdriver_long(PDF) for Windows を使用してPDFファイルを出力する機能を追加したアプリケーションです。
KDauto_trans (DTP2XDW) KDauto_trans(標準版)にDTPデータ(Word, Excel, PDF等)をDocuWorksに変換する機能を追加した製品となります。

自動トンボ検出

製品名製品概要
KDauto_tonbo 印刷物から断裁指示の役割を持つ"トンボ(レジスターマーク)"を検出して、 断裁された紙の仕上がり位置を示す"仕上がり線"を合成し、出力します。 この一連の処理は、事前にホットフォルダの設定を行い、 ホットフォルダに処理対象データを送ることで自動に行うことが出来ます。 本プログラムでは、仕上がり線の合成機能のほかに、出力データの回転、 データ中央を示す線の合成、コメントや入力ファイル名の合成などの機能があります。

自動図面比較

製品名 製品概要
KDauto_differ/HP-GL フォルダの自動監視と HP-GL ファイル同士の比較を行います。
KDauto_differ/HP-GL/2 フォルダの自動監視と HP-GL/2 ファイル同士の比較を行います。
KDauto_differ/DWG フォルダの自動監視と DWG ファイル同士の比較を行います。
KDauto_differ/DXF フォルダの自動監視と DXF ファイル同士の比較を行います。
KDauto_differ/OFI フォルダの自動監視と OFI ファイル同士の比較を行います。
KDauto_differ/Raster フォルダの自動監視とイメージファイル同士の比較を行います。
KDauto_differ/Document フォルダの自動監視と文書ファイル同士の比較を行います。
TOP