カーネルコンピュータシステム

KDplug_in for DocuWorks

製品概要

KDplug_in for DocuWorksについて

DocuWorksのプラグインソフトとして以下の4つの機能を提供します。

  • 比較処理
    DocuWorks Desk上の2つのXDWデータを指定して比較処理をおこないます。
    廉価版ソフト(比較機能限定)【KDplug_in Differ for DocuWorks
  • データの取り込み(XDW変換)
    プリント・プロットデータ(HP-GL,HP-GL/2,OFI)、国内外の各種ラスターデータをXDWデータに変換してDesk上に出力します。
  • バーコード合成
    Desk上のXDWデータにバーコード(イメージアノテーション)を合成します。
  • ラスター出力
    Desk上のXDWデータを国内外の各種ラスターデータに変換して出力します。

KDplug_in for DocuWorks 概略図
KDplug_in for DocuWorks 概略図

主な機能

比較処理

新旧2つのDocuWorksデータを選択し、違いを見つけるために比較処理をおこない、違いのある所には【赤色(削除部分)】や【青色(追加部分)】の色で表現(同じ所は黒色)され、DocuWorks Desk上に作成されます。
また、比較処理を高速化するために比較結果をグレーの濃淡で区別することも可能です。
図面校正などに有効です。

自動位置合わせ、ノイズ除去機能
  • 新旧図面の原点が異なる場合、自動的に原点位置合わせし、2図面比較をおこないます。
    そして、スキャナから取り込まれたデータなどでも比較できるように、原点調整、微小な傾き補正、ノイズ除去などをおこないます。
相違箇所の見落としを防ぐ機能
  • ファイル同士を比較した結果は、差分領域を異なる色(例えば、赤と青)で表示した1枚の画像として出力されます。
    しかし、差分領域が非常に小さいものについては、その部分があまり目立たないため、確認しにくい場合があります。
    枠表示機能を利用すれば、すべての差分領域をそれぞれ枠で囲んで表示できるので、確認が容易になります。
比較結果の差異枠の形(多角形・四角形)
  • 四角形の場合、枠がシンプルに表示されるので、差分領域が分かりやすくなる、 アノテーション化した枠の編集が容易になる、などのメリットがあります。
比較結果の出力レイアウト
  • 出力レイアウトを切替えることで、相違点の確認が容易におこなえます。
    Adobe Acrobatの『文書比較機能』と近い出力結果が得られます。
差異枠をアノテーションとして出力
  • アノテーションとして出力することで、差異枠の編集(削除、色変更など)が可能です。
    ※DocuWorks6.1以降のみ対応します。
テキスト比較の注意点
  • ページ全体を画像として比較するという仕様です。
  • 位置がずれているだけのテキストなども差分として検出されます。
    そのため、テキスト比較に適した結果が得られないことがあります。
比較検出可能なデータ
シングル/マルチページの比較
比較処理後の出力機能
  • 差分のあったページのみ抽出して出力する。
  • 差分情報をテキストファイルやDocuWorksファイル出力する。
比較検出する領域の指定
  • 特定の範囲のみ比較することができます。
    たとえば、ヘッダー・フッターに追加された日付、ページ番号などを差分として 検出しないようにすることができます。

データの取り込み(XDW変換)

PRINT、PLOTデータ(HP-GL,HP-GL/2,OFI,GERBER)、CADデータ(DWG、DXF)、イメージデータ(TIFF,CALS,JPEGなど)の各フォーマットを取り込み、DocuWorksファイル(XDW)として作成されます。
読み込み後はDocuWorksが持っている編集コマンドが利用できます。
(作成されたXDWデータはすべてイメージとなります。)

モノクロ/カラーデータ出力変換に対応
  • カラー出力変換の際にペンの色、線幅を任意設定することができます。
    (HP-GL、HP-GL/2、DWG、DXF、OFI(線幅は不可))
スケーリング処理に対応
  • 任意サイズへ出力できます。
GERBERデータ変換について
  • GERBERデータは、アパーチャファイルを外部ファイルで指定することができます。
    但し、レイヤー付きデータの合成処理は「上書き」のみサポート(透過モードは不可)
出力データについて
  • 既存のDocuWorksファイルに取り込んだデータを挿入することが可能です。
  • 変換されたXDWデータは、文書データ(MS-OFFICE、PDFなど)を除き、すべてイメージに変換され、その際解像度設定が可能です。
  • 入力ファイルをオリジナルデータとして添付することが可能です。
マルチページ処理について
  • 入力データがマルチページの場合は、マルチページ処理が可能です。
対応フォーマット(PLOT, CADデータ)
  • DWG(R13J,R14J.2000)
  • DXF(R12J,R13J,R14J,2000)
  • GERBER(RS-274X、RS-274D)
  • HP-GL
  • HP-GL/2(ベクター/ラスター混在)
  • OFI(ベクター/ラスター混在)
対応フォーマット(ラスターデータ)
  • CCRF(calcomp)
  • CALS-G4(type1,type2)
  • EDMICSラスター(MMR,RLC)
  • FORMTEK
  • FX-MMR(富士ゼロックスラスター)
  • G3FAX(1次元圧縮)
  • G3FAX(2次元圧縮)
  • G4FAX
  • GIF
  • GTXラスター(G4)
  • IOCA(IBM-MMR,MMR,非圧縮)
  • JFIF形式のJPEG(プログレッシブ対応)
  • NSXPRESS(MMR,MR,MH)
  • PC PaintBrush(RLC圧縮)(1,3,4,8,24ビット)
  • PNG(カラー/グレー、プログレッシブ対応)(1~64ビット)
  • Sunラスター(非圧縮,RLE,MMR,MR,MH)(1,8,24,32ビット)
  • TIFF(非圧縮,Packbits,JPEG,CCITT-1D,MMR,MR,MH)(1~32ビット、ストリップ、タイル対応)LZW圧縮対応
  • TOSFILE(MMR,MR,MH)
  • Windows Bitmap(非圧縮)(1,4,8,24ビット)
  • X-bitmap(2値)
  • Xラスター(非圧縮)(1,4,8,16,24,32ビット)
  • 富士通MIEL(MMR圧縮)

バーコード合成

バーコード(CODE39/JAN13-8/QRコードなど)を生成し、DocuWorksファイルにアノテーションとして合成します。

DocuWorksへバーコードを合成
  • DocuWorks Desk上で選択されたファイルへ指定された情報を元にバーコードをアノテーション化して合成します。
マルチページ処理について
  • マルチページデータの場合、バーコードを合成するページの指定が可能です。
生成可能バーコード
  • CODE39
  • CODE128
  • JAN3/13
  • ITF
  • NW-7
  • GS1-128(UCC/EAN128)
  • GS1 DataBar(RSS)
  • コンビニバーコード
  • 医療資材商品バーコード
  • 郵便カスタマバーコード
  • (Micro)QRコード
  • (Micro)PDF417
  • MaxiCode
  • DataMatrix
  • GS1合成シンボル(EAN.UCC合成シンボル)

>> バーコードの概要

ラスター出力

DocuWorksファイルをイメージデータに出力することができます。
必要なイメージフォーマットへの変換がおこなえます。

既存のファイルへの追記、上書きについて
  • 出力ファイルがすでに存在する場合、既存のファイルに追記・上書きの設定が可能です。
    ※マルチページ化できないフォーマットの場合、追記はできません。
出力ファイルについて
  • 変換時にスケーリング指定が可能ですので、任意サイズに変更可能です。
  • 出力データの解像度の変更が可能です。
  • モノクロ/カラー出力が可能です。
出力可能フォーマットについて
  • CALS(G4)(TYPE1,Untiled)
  • EDMICSラスター(MMR,RLC)
  • Encapsulated PostScript File Format(非圧縮)
  • G3FAX(1次元圧縮、2次元圧縮)
  • G4FAX
  • GIF
  • HP-RTL(非圧縮,PackBits,MH,MR,MMR)
  • IOCA(IBM-MMR,MMR,非圧縮)
  • JFIF形式のJPEG(グレースケール、プログレッシブ対応)
  • PBM/PGM/PPM
  • PDF1.3(G4/JPEG,FLATE圧縮)
  • PNG(1~8/24ビット、カラー/グレー、プログレッシブ、透過)
  • Portable BitMap/GrayMap/PixMap
  • PostScript Level1/Level2/Level3
  • Sunラスター(非圧縮,MMR,RLE)
  • SVG(JPEG,PNG)
  • TIFF(非圧縮,Packbits,CCITT-1D,MH,MR,MMR,LZW,JPEG)
  • Windows Bitmap(非圧縮)(1,4,8,24ビット)
  • Xラスター(XWD Ver7.0)
  • 富士通MIE~L(MMR圧縮)
  • 富士ゼロックスラスター(MMR)

簡易マニュアル

KDplug_in for DocuWorksについて記載した簡易マニュアルをPDFファイルでダウンロードできます。

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7 Professional/Enterprise [32bit/64bit]
  • Windows 8.1 Pro [32bit/64bit]
  • Windows 10 Pro [32bit/64bit]
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 Standard/Enterprise [32bit]
  • Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

64bit環境にネイティブ対応ではありませんが、32bitアプリケーションとして動作します。

DocuWorks対応バージョン

  • DocuWorks 6
  • DocuWorks 7
  • DocuWorks 8 (※8.0.3を除く)
  • DocuWorks 9

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-PLG0031 KDplug_in for DocuWorks
(DocuWorks プラグインソフト)
15万円/5ライセンス~
(5ライセンス単位(15万円)の販売となります。)
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら
  • 型番には、ライセンス数が付加します。

関連製品

製品名 製品概要
KDplug_in Differ for DocuWorks 比較機能のみをサポートしたDocuWorksのプラグイン製品です。
(KDplug_in for DocuWorks廉価版ソフト)

更新履歴

2019年10月4日

Windows Server 2016, 2019に対応しました。

2019年6月7日

バージョンアップを行いました。(ver 2.7.4)

  • DocuWorks9 に対応しました。
  • 比較処理機能のユーザーインタフェースを改良しました。

2016年3月28日

Windows 10に対応しました。

TOP