カーネルコンピュータシステム

DTPDIFF

製品概要

KDdiffer/DTPDIFFについて

  • 2つのデータ(ベクターデータまたはラスターデータ)の比較処理を行い、違う部分(差分)に色を付けてカラーのラスターデータへ変換するファイルコンバータです。差分に色が付くことで確認が容易になるので、2つの図面の校正作業に最適です。
  • 文書データ/ラスター変換とラスター/ラスター変換を内蔵していて、単独での利用が可能です。フォーマット変換や画像データの加工を行うことができます。

特長

  • コマンドライン(DOS操作)からの変換指示。(バッチ形式の入力)
  • フォルダ毎の一括変換が可能。
  • 入力データはモノクロ、出力データはモノクロ/カラーが変換可能。
  • マルチページのコントロールが可能。
  • 2図面の違いに色(赤、青など)を付けて、新旧図面の追加・削除が区別できるカラーのラスターデータに変換。
  • 差分領域を多角形の枠で囲むことで、小さい差分を容易に確認することが可能。
  • 比較結果の差分の有無を終了ステータスとして返すので、アプリケーションで自由にコントロールが可能。
  • 文書データ/ラスター変換と長尺ラスター/ラスター変換を内蔵していますので、単独で利用が可能。

サポートフォーマット

入力フォーマット

文書データ
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Visio
  • PDF
  • XDW(DocuWorks)
ラスターデータ(モノクロ/カラー)
  • BMP
  • CALSG4(type1, type2(tiled))
  • CCRF
  • DCX
  • EDMICS(MMR, RLC)
  • Exif
  • FORMTEK
  • FX-MMR(富士ゼロックスラスター)
  • GIF
  • GTX(G4)
  • IOCA(非圧縮, MMR, IBM-MMR)
  • JPEG
  • JPEG 2000
  • MMR(G4 FAX)
  • MR(G3 FAX)
  • MH(G3 FAX)
  • MIEL
  • NSXPRESS(MMR, MR, MH)
  • PBM/PGM/PPM
  • PCX
  • PNG
  • Sun Raster(非圧縮, MMR, MR, MH, RLE)
  • TIFF(非圧縮, Packbits, JPEG, CCITT-1D, MMR, MR, MH, LZW, deflate)
  • TOSFILE(MMR, MR, MH)
  • WBMP
  • XBITMAP
  • XDW(DocuWorks)
  • XWD(X Window Dump)

出力フォーマット

ラスターデータ
  • BMP
  • EPSF
  • FX-MMR(富士ゼロックスラスター)
  • GIF
  • HP-RTL
  • JPEG
  • JPEG 2000
  • PNG
  • PostScript
  • PDF
  • Sun Raster
  • SVG(JPEG,PNG)
  • TIFF
  • XDW(DocuWorks)
  • XWD(X Window Dump)
  • XDW(DocuWorks)の入出力には別途Fuji Xerox社製品DocuWorks6~9が必要になります。(8.0.3を除く)

比較サンプル

クリックすると、元図Aと元図Bと比較結果の比較サンプルが表示されます。

簡易マニュアル

DTPDIFFについて記載した簡易マニュアルをPDFファイルでダウンロードできます。

Q&Aと関連ページ

動作環境

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019 new

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-DIF0007 DTPDIFF 65万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら
  • 内部でKDdriver(モノクロ版)を使用します。
    通常、最大出力サイズA0、最大出力解像度600DPIですが、購入時に選択することもできます。

注意事項

  • 動作環境は変換を行うアプリケーション(Microsoft Office, FujiXerox DocuWorks 等)の動作環境に依存します。
  • 64ビット環境で32ビットアプリケーションとして動作します。
  • Officeデータ変換処理に使用するアプリケーションは、Office 2019, Office 365, Visio 2019, Project 2019は64ビットアプリケーションに対応しています。それら以外では32ビットアプリケーションをご利用ください。

関連製品

製品名 製品概要
ACDDIFF AutoCADデータ(DXF/DWG)同士の比較
DWGDIFF DWGデータ同士の比較
DXFDIFF DXFデータ同士の比較
HPDIFF HP-GLデータ同士の比較
HP2DIFF HP-GL/2データ同士の比較
GERBDIFF GERBERデータ同士の比較

更新履歴

2020年5月22日

Office365に対応しました。 (ver 1.6.2)

2019年6月28日

Windows Server 2019に対応しました。

2018年10月31日

バージョンアップを行いました。 (ver 1.6.1)

  • PDF 2.0のセキュリティ(Acrobat X相当)に対応しました。
TOP