カーネルコンピュータシステム

2013年リリース情報

2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 | 2002年 |

12月

DocuWorks関連製品がDocuWorks8に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品
  • DTP関連製品
  • KDauto_transシリーズ
  • ACDTOPRN

※DocuWorks8で追加されたファイル形式「入れ物」には対応していません。

リリース時期

12月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

RSDF3RSに新しい比較結果表示方法を追加しました。

新機能・機能更新
対応製品

RSDF3RS

機能拡張

カラー画像どうしの比較結果を表示する際に、それぞれの画像を並べて、異なる部分を枠で囲んで表示できるようになりました。
この場合、具体的な違いは目視で確認する必要がありますが、元の色のままで表示されるので、変更前後の状態を直感的に把握しやすくなります。
従来と同様に、差分だけを特定の色で表し、一致部分をグレースケール化して表示することも可能です。

リリース時期

12月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

11月

ラスター相互変換ソフトのマルチページTIFFの処理を改良しました。

新機能・機能更新
対応製品

RS*RS / TIF*TIF

機能拡張
  • 大量ページのTIFFファイルにページを追加する際の処理速度が大幅に向上しました。
  • 大量のTIFFファイルを一括でマルチページ化する機能を追加しました。
    これにより、従来の1ファイルずつ繰り返し処理する方法よりも、高速に処理できるようになりました。
  • マルチページTIFFファイルを、ほぼ一定のファイルサイズごとに分割する機能を追加しました。

対象製品は以下の通りです。

  • RS3RS / RSTX3RS / RSBAR3RS / RSDF3RS / RSMASK3RS / RSDV3RS / RSDV4RS / RSCMP3RS
  • TIF3TIF / TIF2TIF
リリース時期

11月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

10月

DocuWorks関連製品がDocuWorks8に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品
  • KDplug_in for DocuWorks / KDplug_in Differ for DocuWorks
  • XDWMGXDW / XDWLCXDW
  • PLOT2XDW / RS3XDW
  • DWGTOXDW / DXFTOXDW / GBTOXDW / H2TOXDW / HPTOXDW / OFITOXDW
  • DWGTOXDWC / DXFTOXDWC / H2TOXDWC / HPTOXDWC / OFITOXDWC
  • RS3RS / RSTX3RS / RSBAR3RS / RSDF3RS / RSMASK3RS / RSDV3RS / RSDV4RS / RSCMP3RS
  • PDFTOPDF / PDF3RS
  • RS2BAR / RS3BAR
  • ApeosWare Flow Service プラグイン製品
  • スキャナ関連製品

※DocuWorks8で追加されたファイル形式「入れ物」には対応していません。 ※上記以外の製品についても順次対応する予定です。

リリース時期

10月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

9月

富士ゼロックス社製 ApeosWare Flow Managementと連携するバーコード自動認識ソフトを新規にリリースします。

新製品
対応製品

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow Management

製品概要

新規にリリースするソフト KD BarcodeReader for ApeosWare Flow Managementは、ApeosWare Flow Management用のプラグインとして動作する製品で、既存のApeosWare Flow Service用プラグイン製品 RS3BAR for AWFS/RS2BAR for AWFS とほぼ同等の機能を持っています。
主な機能は次の通りです。

  • バーコードのイメージを含む入力データからバーコード情報を抽出し、その情報を基に仕分けやフォーマット変換などを行うことができます。
  • 抽出したバーコード情報は属性情報として登録されるので、後続のプラグインやファイル名などに利用できます。 動作環境は次の通りです。
  • 64ビット環境:Windows Server 2008 R2 / 7
  • ApeosWare Flow Management 1.3.1
  • DocuWorks 7.3
標準価格

40万円(税抜き)/本

リリース時期

9月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow Management

RS3RSなどのTIFF関連製品がdeflate圧縮に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

RS3RS / RSTX3RS / RSDF3RS / RS3PST / RSTX3PST / RS2BAR / RS3BAR

機能拡張

TIFFファイルの入力や出力ができる製品のうち、以下の製品が、TIFFファイルの圧縮形式としてdeflate圧縮にも対応しました。

  • TIFF入出力:RS3RS、RSTX3RS、RSDF3RS
  • TIFF入力:RS3PST、RSTX3PST、RS2BAR、RS3BAR

deflate圧縮は、カラーデータにも適用できる可逆圧縮方式で、一般に他の方式(LZWやPackBits)よりも高い圧縮率を得ることができます。

関連ページ

8月

KDdriver DLL Library に新APIが追加されました。

新機能・機能更新
対応製品

KDdriver DLL Library

機能拡張

外部のアプリケーションからKDdriverシリーズを制御するためのオプション製品 KDdriver DLL Library に新しいAPIが追加され、KDdriverのほぼすべての機能を操作できるようになりました。
KDdriver DLL Library は、任意のKDdriver製品と組み合わせることができ、以下のような機能を実現できます。

  • KDdriverの設定変更および設定値の取得
  • 設定値の保存と復帰
  • 印刷処理終了の確認
  • ダイアログに対する自動応答処理
リリース時期

8月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

KDdriver関連製品

PDFファイルの編集ソフトPDFTOPDFでPDFを合成できるようになりました。

新機能・機能更新
対応製品

PDFTOPDF

機能拡張

PDFから任意のページを取り出して、別のPDFのページ上に合成する(貼り付ける)ことができるようになりました。 合成するときに以下のような指定ができます。

  • ページ上の位置とサイズ
  • 回転角度
  • 透明度
  • 合成するページの条件(任意のページ番号/奇数または偶数/ページの方向/用紙サイズ)
  • 前景・背景
  • 表示条件(ビューア上で表示/印刷処理に反映/アプリケーションでの書き出しに反映)
  • パターンのように並べて合成
リリース時期

8月中旬のリリースを予定しています。

関連ページ

7月

単独で動作しPDFをラスターに変換するコンバータ PDF3RS を新規にリリースします。

新製品
対応製品

PDF3RS

製品概要
  • 任意のPDFをカラーおよびモノクロのラスターデータに変換できます。
  • 長尺データにも対応しています。
  • 多重起動やサービスからの呼び出しも可能なので、サーバ上で動作するシステムへの組み込みに適しています。

対応OSは次の通りです。

  • Windows XP / Server2003 / Vista / Server2008(R2) / 7 / 8 / Server2012
標準価格

30万円(税抜き)/本

リリース時期

7月初旬のリリースを予定しています。

関連ページ

6月

AutoCADと一体型データ変換ソフトが64ビットOSとAutoCAD2014に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

ACD***製品

機能拡張

以下の製品がAutoCAD2014および、64ビットOSに対応しました。

  • ACD*RS、ACD*DRV : AutoCAD(DXF,DWG,SXF) → ラスターイメージ変換
  • ACDTOPST : AutoCAD(DXF,DWG,SXF) → PDF、PostScript変換
  • ACDTOPRN : AutoCAD(DXF,DWG,SXF) → 印刷
  • ACDTOGB、ACDTOH2 : AutoCAD(DXF,DWG,SXF) → PRINT、PLOTデータ変換
  • ACDTODWF、ACDTOACD、ACDMGACD : AutoCAD(DXF,DWG,SXF) → CADデータ相互変換

※ACDTODWFは64ビットOSに未対応です。

リリース時期

6月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

PDFファイルの編集ソフトPDFTOPDFにフォント埋め込み機能を追加しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDFTOPDF

機能拡張
  • PDFの既存のテキストに対してフォントを埋め込むことができるようになりました。
    フォントを埋め込むことで、指定されたフォントが存在しない環境でも文字を意図したとおりに表示できます。
    フォントの埋め込みには、WindowsにインストールされているTrueTypeフォントや、任意のTrueTypeフォントファイルを利用します。
  • これとは逆に、埋め込みフォントを削除することも可能です。
  • フォントを置き換える機能が拡張され、これまで制限となっていた埋め込みフォントも置き換えられるようになりました。
    また、任意の埋め込みフォントへ置き換えることもできます。
リリース時期

6月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

5月

Windows Server 2012に対応したKDコンバート製品をお知らせします。

新機能・機能更新
対応製品

KDviewDF2

機能拡張

以下のKDコンバートシリーズ製品がWindows Server 2012に対応しました。

  • KDrasterコンバート製品(KD-RAS*) (RS3RS,H22RSなど)
  • KDprintコンバート製品(KD-PRT*) (H2TOPSTなど)
  • KDcadコンバート製品(KD-CAD*) (H2TODXFなど)
  • KDauto_transシリーズ(KD-OPT0005,KD-AUT*)
  • KDdifferシリーズ(KD-DIF*)

ただし、AutoCAD利用製品、OCR関連製品、DICOM関連製品、DWF関連製品および一部の製品を除きます。
また、外部のアプリケーションを利用する場合の動作環境は、各アプリケーションに依存します。

関連ページ

PDFファイルの編集ソフトPDFTOPDFの合成機能を拡張しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDFTOPDF

機能拡張

PDFTOPDFで合成するテキスト・イメージの表示条件などを指定できるようになりました。
以下のような条件を指定することができます。

  • ビューア上での表示 : 表示する/表示しない
  • 印刷処理 : 印刷する/印刷しない
  • アプリケーションでの書き出し : 反映する/反映しない

この条件の組み合わせにより、PDFビューアの画面に表示されず、印刷はされるテキストなどを合成できます。

関連ページ

4月

新旧2つのExcelファイルを比較するソフトウェアKDexcel_differがWindows8およびExcel 2013に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDexcel_differ

機能拡張

KDexcel_differは2つのExcelファイルの比較を行い、差分を色付けして、校正が容易にできる比較結果を新規Excelファイルに出力するソフトウェアです。セルの値、数式、罫線、色・パターン、幅・高さ、フォント、コメント、図形、図・グラフ、ハイパーリンク、結合などの比較が可能です。

  • Windowsの対応バージョン
    2000 / XP / Server2003 / Vista / Server2008(R2) / 7 / 8
  • 対応Microsoft Office Excel
    2000 / 2002 / 2003 / 2007 / 2010 / 2013
リリース時期

4月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

DocuWorksデータの比較を行うプラグインソフトの機能を改良しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDplug_in Differ for DocuWorks / KDplug_in for DocuWorks

機能拡張

KDplug_in Differ for DocuWorks および KDplug_in for DocuWorksに以下の改良を行いました。

  • 比較元ファイルの1ページと比較対象ファイルの全ページを比較する機能を追加しました。
  • 比較元ファイルと比較対象ファイルそれぞれのページを指定できるようになりました。

例えば、比較元ファイルの1~5ページと、比較対象ファイルの2~6ページの比較ができます。

リリース時期

4月中旬のリリースを予定しています。

関連ページ

3月

DTP関連製品がWindows8 / Server 2012およびMicrosoft Office2013に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

DTP関連製品

機能拡張

各種DTPデータ(WORD,EXCEL,PowerPoint,PDF,DocuWorksなど)を変換する製品がWindows8 / Server 2012およびMicrosoft Office2013に対応しました。
対応製品は以下の通りです。

  • DTPTORS(C),DTP3RS(C), DTPTORSL,DTP3RSL : DTPデータをイメージデータに変換する製品
  • DTP3PDF : DTPデータをPDFに変換する製品
  • DTP2PRN : DTPデータを印刷する製品
  • DTP2XDW : DTPデータをXDW(DocuWorks)に変換する製品
  • DTPDIFF : DTPデータ同士を比較処理する製品
  • PDF3RSL : PDFデータをイメージデータに変換する製品 (※)
  • PDFDF3RS : PDFデータ同士を比較処理する製品 (※)

※PDF3RSL、PDFDF3RSはPDF専用製品のためMicrosoft Officeは非対応。

リリース時期
  • 3月下旬のリリースを予定しています。
関連ページ

仮想プリンタとして動作するソフトウェアKDdriver_paraシリーズがWindows8 / Server 2012に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDdriver_paraシリーズ

機能拡張

Windowsの印刷機能を利用して、任意のアプリケーションから各種データの出力を行うソフトウェアKDdriver_paraシリーズの20並列/100並列版がWindows 8 / Server 2012に対応しました。
応製品は以下の通りです。

  • KDdriver_para for Windows(モノクロ) 400/600/1200DPI (20並列/100並列版)
  • KDdriver_para for Windows(カラー) 400/600/1200DPI (20並列/100並列版)
  • KDdriver_para for Windows(モノクロ・カラー両対応) 400/600/1200DPI (20並列/100並列版)
  • KDFAXdriver_para for Windows (20並列/100並列版)
  • KDdriver_long_para for Windows (20並列/100並列版)
  • KDdriver_long_para (PDF) for Windows (20並列/100並列版)
  • KDdriver_long_para (HP-GL/2) for Windows (20並列/100並列版)
リリース時期

3月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

DICOMデータの変換ソフトがWindowsVista / 7 / Server 2008(R2)に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

DICOM関連製品

機能拡張

以下のKDコンバートシリーズ製品がWindowsVista / 7 / Server 2008(R2)に対応しました。

  • RS3DCM : JPEG、TIFF、BMPなどのイメージデータをDICOMに変換する製品
  • RSTX3DCM : RS3DCMにテキスト合成処理を追加した製品
  • RSBAR3DCM : RSTX3DCMにバーコード合成処理を追加した製品
  • DCM3RS : DICOMをJPEG、TIFF、BMPなどのイメージデータに変換する製品
  • DCMTX3RS : DCM3RSにテキスト合成処理を追加した製品
  • DCMBAR3RS : DCMTX3RSにバーコード合成処理を追加した製品
リリース時期

3月上旬のリリースを予定しています。

関連ページ

2月

仮想プリンタとして動作するソフトウェアKDdriverシリーズがWindows8 / Server 2012に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDdriverシリーズ

機能拡張

Windowsの印刷機能を利用して、任意のアプリケーションから各種データの出力を行うソフトウェアKDdriverシリーズがWindows8 / Server 2012に対応しました。対応したKDdriverシリーズは以下の通りです。

  • KDdriver for Windows(モノクロ) 400/600/1200DPI
  • KDdriver for Windows(カラー) 400/600/1200DPI
  • KDdriver for Windows(モノクロ・カラー両対応) 400/600/1200DPI
  • KDFAXdriver for Windows
  • KDdriver_long for Windows
  • KDdriver_long(PDF) for Windows
  • KDdriver_long(HP-GL/2) for Windows

※20並列、100並列版は除く。
KDdriverシリーズはWindowsOS(32/64ビット)によってそれぞれ別製品となります。
既存のWindowsVista / 7 / Server 2008版がWindows8 / Server 2012にも対応します。
以下のような製品構成になります。

  • WindowsXP(32ビット)版 :WindowsXP / Server 2003 (32ビット)に対応
  • WindowsXP(64ビット)版 :WindowsXP / Server 2003 (64ビット)に対応
  • Windows7(32ビット)版 :WindowsVista / 7 / Server 2008 / 8 (32ビット)に対応
  • Windows7(64ビット)版 :WindowsVista / 7 / Server 2008 / 8 / Server 2012 (64ビット)に対応
リリース時期

2月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

1月

Windows8に対応したKDコンバート製品をお知らせします。。

新機能・機能更新
対応製品
  • KDauto_trans 標準版
  • KDauto_trans 印刷機能強化版
  • KDauto_trans バーコード自動認識版
  • KDauto_trans DocuWorks出力機能強化版
  • KDauto_differシリーズ(KDauto_differ (Document)を除く)
  • KDprintout for driver
  • KDdifferシリーズ(ACDDIFFとDTPDIFFを除く)
  • KDreader for Windows

外部のアプリケーションを利用する場合の動作環境は、各アプリケーションに依存します。

関連ページ

PDFファイルの編集ソフトPDFTOPDFの機能を追加しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDFTOPDF

機能拡張
  • バーコード合成機能を追加しました。
  • 閲覧制限の機能を強化し、また「自動的に閉じる」「サムネイルも表示されるようにする」といった指定も可能になりました。
    (ただし、PDFを表示する際の動作は、お使いのビューアに依存します。)
リリース時期

1月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ
TOP