カーネルコンピュータシステム

RSMASK3RS

製品概要

RSMASK3RSについて

  • ラスターデータの特定領域にマスク処理を行うことができます。
  • 様々な形状の枠を持つ画像データを処理する場合に、複数のテンプレートの中から一致するテンプレートを自動で判別し、一致したテンプレートごとにデータを仕分けて出力します。
  • コマンドライン形式なので、バッチ処理による一括変換やシステムへの組み込みに適しています。

RSMASK3RS 概略図

特長

スキャン画像のマスク処理

  • 基準となる画像(テンプレート)を利用して、マスク処理を行います。
  • マスク領域は、テンプレートに赤ペンなどで直接書き込んでスキャンするだけで指定できます。
  • マスク領域の数や形状に制限はありません。赤ペンで書いたとおりの領域がマスクされます。
  • スクされた部分の画像情報は完全に消去され、復元できません。

スキャン画像の整形

  • マスク処理と同時に、入力画像の傾きなどもテンプレートに合わせて補正されます。
  • テンプレートを利用するため、非常に高い精度で傾きが補正されます。
  • ずれや傾きだけでなく、ある程度のスキャン時の伸縮や歪みも補正されます。
  • マスク領域を指定せずに、画像の傾き補整のみに利用することもできます。

仕分け機能

  • 様々な形状の枠を持つ画像データを、複数のテンプレートの中から一致するテンプレートを自動で判別し、一致するテンプレートごとに仕分けして出力します。
  • 一致したテンプレートごとに仕分けて出力を行う際に、テンプレートの向きに合わせた自動正立、指定された領域のマスク処理を同時に行うことが可能です。

ラスター編集機能

  • 異なるフォーマットのラスターデータ(TIFF,JPEG,PNG,BMP,CALS等)の相互変換が可能で、ラスターデータに任意の編集を加えることができます。
  • 長尺対応でモノクロとカラー双方に対応しています。

コマンドライン形式プログラム

  • コマンドラインから入出力ファイル名を指定して実行します。
    様々なシステムへの組み込みに対応できます。
  • バッチ処理による一括変換が可能です。

主な機能

実行時各入出力フォーマットの属性パラメータやオプションパラメータを設定できます。

画像の特定領域をマスク

マスク機能について

  • 入力画像と同じ用紙を元に作成したテンプレートを利用し、画像の特定領域をマスクします。
  • 傾きなどは、テンプレートに合わせて自動的に補正されます。
  • マスク領域を白か黒で塗りつぶす、指定されたマスク領域外を塗りつぶすなどを指定できます。
  • マスクを実行する代わりに、マスク領域の背景に色を付けて表示することができます。(マスク結果のプレビュー)

仕分け機能

仕分け機能について

  • 様々な形状の枠を持つ画像データを処理する場合に、複数のテンプレートの中から一致するテンプレートを自動で判別し、一致したテンプレートごとにデータを仕分けて出力します。
  • 仕分け時に、テンプレートの向きに合わせた自動正立、指定された領域のマスク処理を同時に行うことが可能です。

マスク処理情報の出力

  • マスク処理で使用したテンプレートファイルなどの情報を出力することができます。

ラスターデータ相互変換

出力データへのオプション設定について

  • マルチページ/シングルページ処理
  • 拡大・縮小(スケーリング)、回転、クリッピング、オフセットの処理
  • モノクロ、カラーについての画像設定
  • 複数イメージの合成(マージ)処理

対応フォーマット

読み込み可能なフォーマット(モノクロ/カラー)

  • BMP
  • CALSG4(type1, type2(tiled))
  • CCRF
  • DCX
  • EDMICS(MMR, RLC)
  • Exif
  • FORMTEK
  • FX-MMR
  • GIF
  • GTX(G4)
  • IOCA(非圧縮, MMR, IBM-MMR)
  • JPEG
  • JPEG 2000
  • MMR(G4 FAX)
  • MR(G3 FAX)
  • MH(G3 FAX)
  • MIEL
  • NSXPRESS(MMR, MR, MH)
  • PBM/PGM/PPM
  • PCX
  • PNG
  • Sun Raster(非圧縮, MMR, MR, MH, RLE)
  • TIFF(非圧縮, Packbits, JPEG, CCITT-1D, MMR, MR, MH, LZW, deflate)
  • TOSFILE(MMR, MR, MH)
  • WBMP
  • XBITMAP
  • XDW(DocuWorks)
  • XWD(X Window Dump)

出力可能なフォーマット(モノクロ/カラー)

  • BMP
  • CALSG4(type1, untiled)
  • EDMICS(MMR, RLC)
  • EPSF
  • FX-MMR
  • GIF
  • HP-RTL(非圧縮, Packbits, MMR, MR, MH)
  • IOCA(非圧縮,MMR,IBM-MMR)
  • JPEG
  • JPEG 2000
  • MMR(G4 FAX)
  • MR(G3 FAX)
  • MH(G3 FAX)
  • MIEL
  • PBM/PGM/PPM
  • PNG
  • PostScript
  • PDF
  • PDF/A-1b
  • PDF/X-1a
  • Sun Raster(非圧縮, MMR, RLE)
  • SVG(JPEG, PNG)
  • TIFF(非圧縮, Packbits, JPEG, classF, CCITT-1D, MMR, MR, MH, LZW, deflate)
  • WBMP
  • XDW(DocuWorks)
  • XWD(X Window Dump)
  • XDW(DocuWorks)の入出力には別途、富士フイルムビジネスイノベーション社製品DocuWorks6~9.1が必要になります。(8.0.3を除く)
  • 「ISO 32000-1」に準拠したPDFを作成できます。
  • PDF作成にAdobe Acrobat製品は必要ありません。

簡易マニュアル

RSMASK3RSについて記載した簡易マニュアルをPDFファイルでダウンロードできます。

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Linux(x86系)
  • Solaris9以降(SPARC) / HP-UX11i V2以降 / AIX6.1以降

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-RAS0828 RSMASK3RS 45万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら
  • 動作環境が物理環境の場合はCPU数、仮想環境の場合はコア(vCPU)数によって追加費用が必要な場合があります。
    >>詳細はこちら

関連製品

製品名 製品概要
RS3RS ラスターデータの相互変換
RSTX3RS ラスター / ラスター変換 + テキスト合成
RSBAR3RS ラスター / ラスター変換 + テキスト、バーコード合成
RSDF3RS ラスター / ラスター変換 + 比較機能強化
RSDV3RS ラスター / ラスター変換 + 分割機能
RSDV4RS ラスター / ラスター変換 + 分割機能 + テキスト、バーコード合成
RSDV3FAX ラスター / ラスター(FAXサイズ出力専用)変換 + 分割機能
RSCMP3RS ラスター / ラスター変換 + ラスターデータのレイアウト機能
RSHP3RS ラスター / ラスター変換 + テキスト、ベクターデータ(HP-GL)合成
RSH23RS ラスター / ラスター変換 + テキスト、ベクターデータ(HP-GL/2)合成
RSDXF3RS ラスター / ラスター変換 + テキスト、ベクターデータ(DXF)合成
RSDWG3RS ラスター / ラスター変換 + テキスト、ベクターデータ(DWG)合成

更新履歴

2021年9月10日

バージョンアップを行いました。 (ver 3.5.12)

2021年9月3日

バージョンアップを行いました。 (ver 3.5.11)

  • DocuWorksのイメージ文書でDocuworksの表示方向で出力する機能を追加しました。

2021年7月16日

バージョンアップを行いました。 (ver 3.5.10)

TOP