カーネルコンピュータシステム

RSDF3PST

製品概要

RSDF3PSTについて

  • 様々なラスターデータ(TIFF, JPEG, PNG, BMPなど)のフォーマット変換と新旧2つのデータの比較を行うことができます。 コマンドライン形式なので、バッチ処理による一括変換やシステムへの組み込みに適しています。
RSDF3PST 概略図

特長

スキャナで読み込んだ画像をそのまま比較~自動位置合わせ機能~

  • スキャナなどで読み込んだ画像同士の差分を調べる場合、単純に比較しただけでは、ずれやノイズも差分として検出されてしまいます。 図面の内容が「本当に」違っている部分だけを差分として検出するには、画像同士のずれや傾きを考慮して比較する必要があります。 自動位置合わせ機能を利用すれば、このような処理が自動的に行われます。

コマンドライン形式プログラム

  • コマンドラインから入出力ファイル名を指定して実行します。 様々なシステムへの組み込みに対応できます。
  • バッチ処理による一括変換が可能です。

主な機能

実行時各入出力フォーマットの属性パラメータやオプションパラメータを設定できます。

自動位置合わせの設定を5つのモードより選択

  • 自動位置合わせを利用しない 原点が同一の場合に利用します。
  • 平行移動による自動位置合わせを行う 原点のみずれている画像を比較する場合に利用します。
  • 任意の変形による自動位置合わせを行う スキャナで読み込んだ、ずれや歪みのある画像を比較する場合に利用します。
  • 部分的なずれまで考慮した自動位置合わせを行う 「任意の変形による自動位置合わせを行う」よりもさらに細かく歪みを補正して比較する場合に利用します。
  • 枠線を合わせるように自動位置合わせを行う 帳票などのデータで、枠線に合わせてずれや歪みを補正して比較する場合に利用します。

カラー画像の色の違いを検出 ~カラー比較機能~

  • カラー画像を比較する場合、ピクセル単位でRGB値を比較しただけでは微妙な色の違いがすべて差分として検出されます。 カラー比較機能ではRGB値の誤差範囲を指定するとこが可能なので、微妙な色の違いを差分として検出しないように調整できます。
  • CMYKデータのオーバープリントの有無などを差分として検出することが可能です。

違いのある所を迅速に発見 ~枠表示機能~

  • 画像同士を比較した結果は差分領域を異なる色(赤と青)で表示した1枚の画像として出力されます。 しかし、差分領域が非常に小さいものについては、その部分があまり目立たないため確認しにくい場合があります。 枠表示機能を利用すれば、すべての差分領域をそれぞれ枠で囲んで表示できるので確認が容易になります。
  • ポリゴンまたは矩形で枠を表示することが可能です。
  • 差分を囲んだ枠の位置情報をファイル出力することが可能で、正確な差分の位置を把握することができます。 枠情報をポリゴンの座標データとして出力することも可能です。

比較を行いたくない領域を複数設定することが可能

  • 比較(差分検出)したくない領域(長方形)を複数設定でき、比較結果の煩雑さを防ぐことができます。

出力データへのオプション設定

  • マルチページ/シングルページ処理
  • 拡大・縮小(スケーリング)、回転、クリッピング、オフセットの処理
  • モノクロ、カラーについての画像設定
  • 複数イメージの合成(マージ)処理

対応データ形式

読み込み可能なフォーマット(モノクロ/カラー)

  • BMP(非圧縮)
  • CALSG4(type1, type2(tiled))
  • CCRF
  • EDMICS(RLC, MMR)
  • Exif(デジカメ)
  • FORMTEK
  • FX-MMR(富士ゼロックスラスター)
  • GIF
  • GTX(G4)
  • IOCA(非圧縮, MMR, IBM-MMR)
  • JPEG
  • JPEG2000
  • MMR(G4 FAX)
  • MR(G3 FAX)
  • MH(G3 FAX)
  • MIE~L
  • NSXPRESS(G3, G4)
  • PBM/PGM/PPM
  • PCX
  • PNG
  • Sun Raster(非圧縮, MMR, RLE)
  • TIFF(非圧縮, Packbits, G3, G4, CCITT-1D, JPEG, classF, TiledG4, LZW, deflate)
  • TOSFILE(MMR, MH, MR)
  • WBMP
  • XBITMAP
  • XWD

出力可能なフォーマット(モノクロ/カラー)

  • PDF(V1.4、V1.5、V1.6、V1.7、V1.7EX3、V2.0)
  • PostScript(レベル2、レベル3)

※線画カラーデータの画質向上には、JPEG圧縮よりFLATE圧縮が有効です。

簡易マニュアル

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Linux x86系
  • Solaris9以降(SPARC) / HP-UX11i V2以降 / AIX6.1以降

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-RAS0591 RSDF3PST 30万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。 >>詳細はこちら
  • 価格は、1台のマシン(1CPU)に対して1インストールの価格設定です(サーバーへのインストール可)。 購入本数によってボリュームディスカウントがあります。

関連製品

製品名 製品概要
RS3PST ラスター / PDF, Postscript 変換
RSTX3PST テキスト合成機能追加版
RSBAR3PST テキスト、バーコード合成機能追加版
RSDV3PST ラスター分割機能追加版
RSDWG3PST テキスト、ベクターデータ(DWG)合成機能追加版
RSDXF3PST テキスト、ベクターデータ(DXF)合成機能追加版
RSH23PST テキスト、ベクターデータ(HP-GL/2)合成機能追加版
RSHP3PST テキスト、ベクターデータ(HP-GL)合成機能追加版
RS3PST_OCR OCR出力機能追加版
RSTX3PST_OCR テキスト合成 + OCR出力機能追加版
RSBAR3PST_OCR バーコード、テキスト合成 + OCR出力機能追加版
RSDF3RS ラスター/ラスター変換【比較機能追加版】
KDviewDF2 ラスターデータなど指定した2つのファイルに対して画面上で比較処理を行い、比較結果を表示するビューア製品です。

更新履歴

2019年09月06日

バージョンアップを行いました。 (Ver. 2.79)

2018年10月29日

バージョンアップを行いました。 (Ver. 2.78)

2018年9月14日

バージョンアップを行いました。 (Ver. 2.77)

TOP