カーネルコンピュータシステム

PDFDF3RS

製品概要

PDFDF3RSについて

サイズも傾きも微妙に違う2つのPDFデータの違いを簡単に比較できます。

特長

  • GUIとコマンドラインからの変換指示が可能。(バッチ形式の入力)
  • 2図面の違いを色替え(赤、青など)して、図面の追加部分・削除部分が区別できるカラーのラスターデータに変換。
  • 2図面の差分の有無が判るようにリターン情報を返しますので、アプリケーションで自由にコントロールが可能。
  • 最大A0サイズのPDFを比較することが可能。

比較方法について

  • PDFファイル全体を画像化してから比較を行うので、PDFファイルに貼り付けられた画像データも、貼り付けられた画像内の違いも判定する事が可能です。
  • 傾きのあるPDFファイルを比較した場合、自動的に角度補正してから比較を行うので「ページが変更されている」との比較結果ではなく、変更部分のみが違いとして判定する事が可能です。
  • ページ単位での比較結果を得ることが可能です。

操作方法について

PDFDF3RSは、GUIからもコマンドラインからも実行可能なアプリケーションです。 GUIにPDFファイルをドラッグ&ドロップし実行したり、通常のコマンドと同じように、コマンドラインから実行 したり、バッチファイルに組み込むことができます。

対応フォーマット

出力対応フォーマット

  • TIFF(非圧縮)
  • TIFF(PackBits)
  • TIFF(G3_1D)
  • TIFF(G3_MH)
  • TIFF(G3_MR)
  • TIFF(G4)
  • TIFF(LZW)
  • TIFF(JPEG)
  • TIFF(JPEG:Imaging)
  • TIFF(JPEG:Lab)
  • XWD(非圧縮)
  • SunRaster(非圧縮)
  • SunRaster(MMR)
  • SunRaster(RLE)
  • CALS(G4)
  • FAX(MMR)
  • FAX(MR)
  • FAX(MH)
  • IOCA(非圧縮)
  • IOCA(IBM_MMR)
  • IOCA(G4)
  • BMP(非圧縮)
  • EDMICS(MMR)
  • EDMICS(RLC)
  • MIEL(MMR)
  • FX Raster(3色)
  • PNG16:PNG
  • GIF
  • HP-RTL(非圧縮(line))
  • HP-RTL(非圧縮(block))
  • HP-RTL(PackBits)
  • HP-RTL(MH)
  • HP-RTL(MR)
  • HP-RTL(MMR)
  • PDF
  • PDF(FLATE)
  • JPEG
  • SVG(PNG)
  • SVG(JPEG)
  • PostScript(Level1)
  • PostScript(非圧縮)
  • PostScript(RunLength)
  • PostScript(G4)
  • PostScript(JPEG)
  • EPSF

簡易マニュアル

各製品の概要、設定画面について記載した簡易マニュアルをPDFファイルでダウンロードできます。

動作環境

対応OS

  • Windows XP
  • Windows Server 2003
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows 10
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

価格表

型番 製品名 出力フォーマット 価格 (税抜)
KD-RAS0826 PDFDF3RS モノクロ 50万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら

その他

  • 内部で使用するKDdriverはご購入時に選択できます。 通常、出力タイプはモノクロ、最大出力サイズA0、最大出力解像度600DPIになります。

更新履歴

2019年11月5日

ファイル名分解不具合の修正しました。
PDF3RSL (V1.3.9.0)

2019年06月24日

バージョンアップを行いました。
PDFDF3RS (V1.3.8.0)

  • ダイアログ入力制限、メッセージボックス表示他修正。
  • PDF2.0に対応。
  • Windows Server2019対応。

2018年11月1日

バージョンアップを行いました。
PDFDF3RS (V1.3.7.0)

  • 一時ファイルをテンポラリに変更。
  • カラードライバに関する記述を追記。
  • -batch実行時のドライバ切り替え不具合修正。
  • 共通LIB修正に伴う更新。

注意事項(重要)

  • 管理者権限を持たないユーザーで本製品を使用する可能性がある場合はインストーラに設定されているフォルダにインストールしてください。
  • 本製品は多重起動(本製品を同時に複数実行)することはできません。
  • 本製品はログインされた状態で使用してください。ログオフ状態では正常に動作しません。ロック状態であれば動作します。
  • 本製品はサービス上で実行することはできません。また、サービス上で実行しているアプリケーションからの呼び出しにも未対応です。
  • 本製品は処理時に”通常使うプリンタ”を変更する場合があります。本製品使用時には印刷処理を行わないようにしてください。
  • SJISで表現できないファイル名には対応しておりません。
  • インストールマシン以外のネットワーク上のマシンから、リモート呼び出しによる変換はできません。
  • 変換(印刷)中に処理を途中でキャンセルすることはできません。また、変換(印刷)中には、他のオペレーション等は行わないでください。処理が止まる、エラーが発生する場合があります。
  • 本製品の動作中にLOGファイル等の関連ファイルへのアクセス(参照、コピー等)は行わないでください。
  • 本製品は、日本語版環境にのみ対応しております。
  • 比較するPDFの最大サイズはA0までとなります。
  • ファイル名フォルダ名は絶対パスで指定してください。相対パスには対応しておりません。
  • 属性ファイルで指定されている項目をパラメータ指定した場合、パラメータ指定が優先されます。
  • PDFファイルに印刷不許可のセキュリティ設定がされているとKDドライバに印刷できませんのでセキュリティ無しでご使用ください。
  • PDFDF3RS起動中に、PDFDF3RSで使用しているKDドライバを使用しないでください。
  • コマンドラインからの実行時に属性ファイルを指定しなかった場合には、カレントディレクトリ(実行しているフォルダ)に存在するPDFDF3RS.INIを自動的に読み込みます。PDFDF3RS.INIが存在しない場合はデフォルト値が与えられます。
  • インストールフォルダ下に作業用フォルダを作成しますのでセキュリティが掛かっている場合は解除してください。
  • カラー画像の比較では、一致部分は単色で出力されます。元画像の色情報で出力することはできません。
  • WindowsのOSを長時間(数ヶ月単位)再起動せずに使用すると環境によりWindowsの動作が不安定になる場合があります。これは、弊社アプリケーションのみの問題ではなく、Windowsを含む、利用されるすべてのソフト・ドライバの複合要因であり発生した場合、原因の特定および回避はすべてのアプリケーションが関係している関係で、現状では不可能です。長期間連続運用を行う場合、上記の問題が発生することがありますので、定期的なWindows再起動を奨励いたします。
TOP