カーネルコンピュータシステム

OFITOPST, OFITOPSTL

製品概要

OFITOPST, OFITOPSTLについて

  • OFIデータをPDFデータへ変換するソフトです。
  • 変換はコマンドライン上(DOS操作)から入出力ファイル名を指定して、ファイルからファイルへデータ変換を行います。
  • 変換時にオプションを指定したり、OFI用とPDF用の各属性データ変換パラメータファイルの内容を変更することで様々な変換が可能となります。
    標準入出力の利用や、フォルダ毎のファイル一括変換も可能です。

各製品の違い

  • OFITOPSTLは、OFITOPSTの上位ソフトです。
  • OFITOPSTLのみ、サイズごとにスケール・回転などの処理を行うことが可能です。

特長

コマンドライン形式プログラム

  • コマンドラインから入出力ファイル名を指定して実行します。
    様々なシステムへの組み込みに対応できます。
  • バッチ処理による一括変換が可能です。

弊社別売製品との連携

  • KDauto_trans(標準版)と連携することで指定フォルダ内のデータに対して自動監視付き処理が可能です。

主な機能

  • 出力ファイル名指定、ログファイル名指定
  • スケール、回転、原点移動、センタリング
  • オフセット指定、用紙サイズ指定
  • バッチファイルによる指定ファイル一括変換
  • 入力OFIデータの色番号の変更
  • 入力OFIの「図面名」を出力ファイル名指定
  • 出力データの線幅の変更

対応データ形式

入力フォーマット

  • OFI

出力フォーマット

  • PDF
  • PostScript
  • EPS
  • EPSF

簡易マニュアル

OFITOPST, OFITOPSTLについて記載した簡易マニュアルをPDFファイルでダウンロードできます。

動作環境

対応OS

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Linux x86系
  • Solaris9以降(SPARC) / HP-UX11i V2以降 / AIX6.1以降

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-PRT0340 OFITOPST 20万円
KD-PRT0345 OFITOPSTL 25万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら
  • 価格は、1台のマシン(1CPU)に対して1インストールの価格設定です(サーバーへのインストール可)。
    購入本数によってボリュームディスカウントがあります。
  • 動作環境が物理環境の場合はCPU数、仮想環境の場合はコア(vCPU)数によって追加費用が必要な場合があります。
    >>詳細はこちら

オプション製品

製品名 製品概要
KDauto_trans
(標準版)
監視フォルダへ入力データを格納することで自動的にデータ変換を行います。
変換結果は、印刷、ファイル転送、指定した別のフォルダへのファイル出力ができます。

更新履歴

2020年7月31日

バージョンアップを行いました。 (ver 5.32)

  • EVコードサイニング証明書による署名に対応しました。
  • Windows版製品のインストーラー形式を変更しました。
  • イメージが組み込まれたファイル変換時の問題を修正しました。

2019年3月1日

バージョンアップを行いました。 (ver 5.31)

TOP