カーネルコンピュータシステム

KDdriver関連製品

KDdriver 製品

製品名 製品概要
KDdriver for Windows Windowsの印刷機能を利用してラスターファイルを作成するWindowsプリンタドライバです。
KDdriver for Windows (モノクロ&カラー出力版) モノクロ、カラー両方の出力が可能な製品です。
KDdriver_para for Windows (20並列) 並列処理(最大20個まで)が可能な製品です。
KDdriver_para for Windows (モノクロ&カラー出力版) (20並列) モノクロ、カラー両方の出力と並列処理が可能な製品です。
KDdriver_long for Windows 長尺出力(A0以上最大10mまで)が可能な製品です。
KDdriver_long_para for Windows (20並列) 長尺出力と並列処理(最大20個まで)が可能な製品です。
KDdriver_long(PDF) for Windows PDF 出力に特化した製品です。
KDdriver_long(HP-GL/2) for Windows HP-GL/2 出力に特化した製品です。
KDdriver for LINUX LINUXの印刷部を利用してラスターファイルを作成するLINUXプリンタドライバです。
KDtext_driver for Windows Windowsの印刷機能を利用してテキストデータのみ抽出するWindowsプリンタドライバです。
KDdriver_barcode for Windows バーコード合成に特化した製品です。

連動ソフト (KDdriver 搭載製品、オプション製品)

DTP製品を利用したラスター出力

製品名 製品概要
DTP3RS KDdriver for Windows を利用してラスターデータに変換します。PDFファイルの変換で用紙サイズの判定、回転、セキュリティの解除、不定形の出力に対応しています。
DTP3RSC DTP3RS のカラー出力対応版です。
DTPTORS KDdriver for Windows を利用してラスターデータに変換します。
DTPTORSC DTPTORS のカラー出力対応版です。
DTP3RSL DTP3RSの KDdriver_long for Windows に対応した製品です。
モノクロとカラー両形式の出力に対応しています。
DTPTORSL DTPTORSの KDdriver_long for Windows に対応した製品です。
モノクロとカラー両形式の出力に対応しています。
DTP3PDF KDdriver_long(PDF) for Windows を利用してPDFファイルに変換するアプリケーションです。
PDF3RSL KDdriver_long for Windows を利用して、PDF をラスターデータに変換するアプリケーションです。

自動監視・自動変換

製品名製品概要
KDauto_trans (標準版) KDauto_transはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)と組み合わせて自動監視付き変換を行うオプションプログラムです。 自動監視付き変換とは指定されたフォルダにファイルを送る(コピーする)だけでそのファイルを自動認識し、あらかじめ設定された処理を自動的に行うことです。 KDauto_transは自動監視をするオプションプログラムであり、変換処理にはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)が別途必要になります。
KDauto_trans (機能強化版) KDauto_trans (標準版) + KDdriver の組み合わせにより各種DTPデータ (Word, Excel, PowerPoint, PDF, XDW, HTML, XMLなど) を自動監視してラスターデータに変換します。
KDauto_trans (PDF出力機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に、KDdriver_long(PDF) for Windows を使用してPDFファイルを出力する機能を追加したアプリケーションです。
KDauto_trans (長尺機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に長尺PDFファイルの変換とカラー/モノクロ出力を追加したアプリケーションです。

KDdriverオプション製品

製品名 製品概要
KDprintdrv_batch for Windows KDprintdrv_batch for Windows は選択されたフォルダまたはファイルを、 拡張子で関連付けされたアプリケーションで起動し、指定されたプリンタで自動的に一括印刷することができます。 GUI(画面)からの指定とコマンドライン(DOSプロンプト)からの操作が可能です。 なお、動作はアプリケーションファイルを選択してマウスの右ボタンをクリックしたメニューの印刷を選択した場合と同様の処理になります。
KDdriver DLL Library KDdriverを使用して各種アプリケーションの印刷処理を行う場合に KDdriver の出力設定(用紙サイズ、解像度等)の変更、 ステータスのチェックを行うための関数群です。DLL形式での提供となります。
KDdrvbatchc for Windows KDdrvbatchc for Windowsは、コマンドライン(DOSプロンプト)からMS-OFFICE(Word, Excel, PowerPoint)ファイルの格納先のフォルダと 変換後のラスターファイルの拡張子等を指定して一括変換を行います。 OFFICE 2000以降の対応となります。

KDdifferコンバート(図面、文書の比較)

製品名 製品概要
DTPDIFF 2つの文書データ(Microsoft Office(Word, Excel, PowerPoint)、PDF、DocuWorks、HTML、XMLなど)の比較処理を行い 異なる部分の色を替えカラーのイメージファイルを出力します。

KDauto_differコンバート(図面、文書の比較/自動監視)

製品名 製品概要
KDauto_differ (Document) KDdifferコンバートシリーズに自動監視機能を搭載した製品です。 データを格納するフォルダを監視、自動的にデータを検索、認識して比較処理を行い指定されたフォルダに結果を出力します。
TOP