カーネルコンピュータシステム

自動認識関連の変換ソフト

バーコード認識

製品名 製品概要
RS2BAR
RS3BAR
イメージデータ上のバーコードを読み取る、コマンドライン形式のプログラムです。 バーコードがどこにあっても、また何個でも読み取ることができます。
バーコードの情報は、CSVなどのテキスト情報としてファイルに出力されます。
BAR3BAR 入力イメージデータから検出されたバーコードを同じ内容のまま任意のバーコードに交換します。 交換機能以外にもバーコード認識、バーコード合成、バーコードの消し込み等を行うことができます。
PDF3BAR PDFデータからバーコードを読み取り、バーコード情報をテキスト(CSV)形式で出力するコマンドライン形式のプログラムです。

ApeosWare Flow Service 関連製品

製品名 製品概要
RS2BAR for ApeosWare Flow Service ApeosWare Flow Service対応のプラグインソフトです。 バーコードが存在する入力データ(TIFF, BMP, JPEG, XDW など)からバーコードの読み取りを行い、取得したバーコード情報を利用してさまざまな付加価値を与え、XDW, PDF/PostScript, TIFF, CSVデータに変換して出力を行います。
RS3BAR for ApeosWare Flow Service
RSBAR3RS for ApeosWare Flow Service 入力イメージデータに対してバーコード、テキスト、イメージ(ロゴ、スタンプ)などの合成を行うApeosWare Flow Serviceのプラグインソフトです。フォーマット変換や様々なデータ加工を行い付加価値を与えXDW,PDF/PostScript,TIFFデータに変換して出力を行います。

TWAIN対応のスキャナ関連製品

製品名 製品概要
KDbar1_scan
KDbar2_scan
KDbar1_opt_scan
KDbar2_opt_scan
TWAIN対応スキャナからデータ(用紙)を取り込む処理を対象にしたキャプチャリングソフトです。バーコード画像を含む用紙をスキャナから取り込む時にバーコードの情報を読み取り出力ファイル名に利用します。また、読み取ったバーコード情報をもとにして仕分け、CSV(テキスト)出力、バーコード有/無データの削除などを行うことができます。
ファイル・フォルダ変換オプション KDbar2_scan、KDbar1_scan、KDbar2_opt_scan、KDbar1_opt_scanにおいて、ファイル・フォルダ(フォルダ内のファイル全て)に対してバーコード認識処理を行うオプション機能です。TWAIN対応していないスキャナ(ScanSnap(スキャンスナップ)など)で作成したのイメージファイルや、既存のファイルに対して、一括でバーコード認識・活用処理を行います。
※KDbar*_scanと同時購入することが購入条件となります。
OCR変換オプション KDbar2_scan、KDbar1_scan、KDbar2_opt_scan、KDbar1_opt_scanにおいて、バーコードの認識とあわせて、OCR(文字認識)を行うオプション機能です。
※KDbar*_scanと同時購入することが購入条件となります
KDbarout_scan TWAIN対応スキャナから取り込むデータの任意位置にバーコード、テキスト、イメージ(ロゴ、スタンプ)などの合成を行うキャプチャリングソフトです。バーコード(1次元コード・2次元コード)の合成に対応しています。
KDbar_copy_scan TWAIN対応スキャナからデータ(用紙)を取り込む処理を対象にしたキャプチャリングソフトです。バーコード画像を含む用紙をスキャナから取り込む時にバーコードの情報を抽出し、同じ情報で別の種類のバーコード(CODE128、GS1-128(UCC/EAN128)、QRコード、DataMatrix、PDF417、MaxiCodeのいずれか)に置き換えて出力します。 EAN128コードからQRコードへの変換やQRコードのエラーレベルを再設定することができます。

富士通(PFU)系スキャナ関連製品

製品名 製品概要
KDbar1_fi
KDbar2_fi
KDbar1_opt_fi
KDbar1_opt_scan
KDbar2_opt_fi
FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)からデータ(用紙)を取り込む処理を対象にしたキャプチャリングソフトです。バーコード画像を含む用紙をスキャナから取り込む時にバーコード情報を読み取り出力ファイル名に利用します。また、読み取ったバーコード情報をもとにして仕分け、CSV(テキスト)出力、バーコード有/無データの削除などを行うことができます。
KDbarout_fi FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)から取り込むデータの任意位置にバーコード、テキスト、イメージ(ロゴ、スタンプ)などの合成を行うキャプチャリングソフトです。バーコード(1次元コード・2次元コード)の合成に対応しています。
KDbar_copy_fi FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)からデータ(用紙)を取り込む処理を対象にしたキャプチャリングソフトです。バーコード画像を含む用紙をスキャナから取り込む時にバーコードの情報を抽出し、同じ情報で別の種類のバーコード(CODE128、GS1-128(UCC/EAN128)、QRコード、DataMatrix、PDF417、MaxiCodeのいずれか)に置き換えて出力します。 EAN128コードからQRコードへの変換やQRコードのエラーレベルを再設定することができます。

パナソニック系スキャナ関連製品

製品名 製品概要
KDbar1_pie
KDbar2_pie
KDbar1_opt_pie
KDbar2_opt_pie
パナソニック高速スキャナ(KVシリーズ)からデータ(用紙)を取り込む処理を対象にしたキャプチャリングソフトです。バーコード画像を含む用紙をスキャナから取り込む時にバーコードの情報を読み取り出力ファイル名に利用します。また、読み取ったバーコード情報をもとに仕分け、CSV(テキスト)出力、バーコード有/無データの削除などを行うことができます。

KDauto_trans(バーコード自動認識版)

製品名 製品概要
KDauto_trans(バーコード自動認識版) フォルダを監視して、ラスターデータ(TIFF,JPEGなど多数のフォーマット)からバーコードデータ(QRコード,1次元バーコード)を自動認識し、CSV変換やバーコード情報を出力ファイル名として、ラスター/ラスター変換などを行います。

画像認識処理

製品名 製品概要
KDForm_Siwake 事前に登録したフォーム形状と大量のイメージデータファイルを比較し、類似フォーム形状ごとに指定したフォルダに仕分けして格納します。同じ形状の請求書や領収書ごとに仕分けが行えます。

OCR処理

KDrasterコンバート(ラスター/PDF,PostScript変換)

製品名 製品概要
RS3PST_OCR 長尺ラスター(モノクロ,カラー)/PDF,PostScript変換(OCR機能追加版)
RSTX3PST_OCR 長尺ラスター(モノクロ,カラー)/PDF,PostScript変換 (テキスト合成 + OCR機能追加版)
RSBAR3PST_OCR 長尺ラスター(モノクロ,カラー)/PDF,PostScript変換(テキスト・バーコード合成 + OCR機能追加版)

RS2OCR(ラスター/OCR処理してテキスト変換)

製品名 製品概要
RS2OCR イメージデータのテキスト部分をOCR化し、テキストデータに変換して出力します。 また、検出したOCRの情報を使って、他の変換ソフトを呼び出すことができます。 この機能を利用すれば、他の弊社製品と連携して、OCRの内容に応じたファイルの変換処理など(例えば、出力ファイル名に利用する)を行うことができます。

PDF2OCR(PDF/OCR処理してテキスト変換)

製品名 製品概要
PDF2OCR Acrobatを利用せずスキャンニングされたイメージ系PDFデータを読み込み、OCR(文字認識)処理し、テキストデータ(TEXT,RTF,HTML,XML形式)に変換することが可能です。(Adobe Acrobatライセンス無しで使用することが可能です。)

印刷用トンボマークの認識ソフト

製品名 製品概要
KDauto_tonbo 印刷物から断裁指示の役割を持つ”トンボ(レジスターマーク)“を検出して、断裁された紙の仕上がり位置を示す”仕上がり線”を合成し、出力します。 この一連の処理は、事前にホットフォルダの設定を行い、ホットフォルダに処理対象データを送ることで自動に行うことができます。

自動認識との連動ソフト

自動監視・自動変換

製品名 製品概要
KDauto_trans(標準版) KDauto_transは自動監視をするオプションプログラムであり、変換処理にはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)が別途必要になります。

階層構造一括変換

製品名 製品概要
KDconv_dir KDconv_dirはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)と組み合わせてコマンドライン上(DOS操作)からフォルダを指定し、 指定フォルダ以下の階層構造を形成しているファイルを一括して変換するオプションプログラムです。
TOP