カーネルコンピュータシステム

KDdriver_long (共有プリンタ版)

製品概要

KDdriver_long for Windows (共有プリンタ版)について

Windowsの印刷機能を利用して各種アプリケーションから画像ファイル(TIFF,JPEG,BMPなど)に出力できる製品 KDdriver_long for Windows の機能を拡張し、共有プリンタとして利用できるようにしたものです。

長尺(最大10m)、高解像度(2540DPI)、カラー/モノクロ両出力、任意(不定形)サイズの出力に対応しています。

操作説明

Windows上のアプリケーションの印刷先のプリンタを KDdriver_long (共有プリンタ版) に設定して印刷を実行すると、印刷イメージが画像ファイルとして出力されます。

出力先のフォルダとして、共有プリンタの本体がある環境から利用可能な任意の共有フォルダを指定できます。

特長

  • 共有プリンタとして多数の環境で利用できます。(利用可能な台数は環境に依存します。)
  • 定形/不定形、長尺サイズ(最大10m)、ロール紙サイズの出力に対応しています。
  • 高解像度で出力(50-2540DPI)が可能です。
  • 1製品でカラー/モノクロ/グレースケールのデータ形式の出力が可能です。

製品用途

  • 電子文書(MS-WORD,PDF)・図面(CAD)などを画像ファイル化します。
  • インターネットのブラウザで読み込めるイメージ形式(JPEG,GIF,PNG)のファイルを作成します。
  • 電子文書・図面などをイメージデータで管理するデータベースに登録する際、紙へ印刷してスキャナで取り込む処理を行わず、直接イメージデータを作成して登録します。
  • マニュアルなどの電子文書を改ざん(編集)されたくない場合、画像ファイル化することで編集されるのを防ぐことができます。
  • 合成機能でバーコードやテキスト(文字)、イメージ(ロゴマーク、印鑑)などの様々な情報を付加します。

主な設定

フォーマット設定

出力(用紙)サイズ

  • 定形の用紙サイズ、長尺などの任意の(用紙)サイズで出力します。

解像度

  • 出力解像度(50DPI~2540DPI)を指定します。

出力ファイル名設定

  • 任意のファイル名で出力します。
  • アプリケーションファイル名を利用して出力します。

マルチページ出力

  • マルチページ/シングルページ出力を選択します。
  • 上書き、または連番を付加して出力します。

オーバーレイ(合成)

  • バーコード、テキスト(文字)、ビットマップ、メタファイルを合成します。 バーコード合成は以下のものに対応しています。
    • CODE39
    • CODE128
    • GS1-128(UCC/EAN128)
    • JAN8
    • JAN13
    • ITF
    • NW-7
    • QR CODE
    • MICRO QR CODE
    • PDF417
    • DataMatrix
    • 郵便カスタマーバーコード

拡大・縮小・回転

  • 出力データのサイズ、拡大・縮小、向き(回転)を指定します。

余白カット設定

  • 上下左右の余白カットを行います。余白量の調整が可能です。

入力データの自動判定にともなう処理

  • 入力データのサイズごとに出力データのサイズ、拡大・縮小、回転などを指定します。

対応フォーマット

出力可能なフォーマットは以下の通りです。

モノクロ

  • BMP(非圧縮)
  • CALSG4(type1)
  • EDMICS(RLC,MMR)
  • FX-Raster(富士ゼロックスラスター)
  • GIF
  • HP-RTL(非圧縮,Packbits,MH,MR,MMR)
  • IOCA(非圧縮,MMR,IBM-MMR)
  • MMR(G4 FAX)
  • MR(G3 FAX)
  • MH(G3 FAX)
  • MIE~L (富士通MMRラスター)
  • PDF
  • PDF/A-1b
  • PDF/X-1a
  • PNG
  • PostScript(Level1,非圧縮、RunLength,G4)
  • Sun Raster(非圧縮,MMR,RLE)
  • TIFF(非圧縮,Packbits,G3,G4,LZW,deflate)
  • XWD
  • 非圧縮データ

カラー

  • BMP(非圧縮)
  • EPSF
  • FX-Raster(富士ゼロックスラスター)
  • GIF
  • HP-RTL(非圧縮,Packbits)
  • Imaging用JPEG
  • JPEG
  • JPEG 2000
  • PDF
  • PDF/A-1b
  • PDF/X-1a
  • PNG
  • PostScript(JPEG,非圧縮,RunLength)
  • Sun Raster(非圧縮,RLE)
  • TIFF(非圧縮,Packbits,LZW,deflate,JPEG)
  • XWD
  • 非圧縮データ

※PDF作成にAdobe Acrobat製品は必要ありません。出力するPDFファイルはイメージ形式になります。

制限事項

  • 画像ファイルが作成されるフォルダは、共有フォルダである必要があります。
  • 本体のインストール先がWindows10/8.1の場合は、同時に利用可能な共有プリンタ数は最大で20台までに制限されます。

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

OS インストール 共有プリンタ
Windows 8.1 32bit ×
Windows 8.1 64bit
Windows 10 32bit ×
Windows 10 64bit
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019

50台で利用する場合の推奨環境

  • OS : Windows Server 2019 または 2016
  • ストレージ : SATA 接続のSSD
  • CPU : 4コア、定格3.4GHz以上、Turbo Boost対応CPU
  • メモリー : OSの推奨容量
処理能力の目安
用紙 解像度 枚数/分 100ページの処理時間
A4 600 カラー 50 135秒
A4 300 カラー 150 50秒
A4 600 モノクロ 450 25秒
A4 300 モノクロ 800 20秒

※一般的なMicrosoft Word文書での処理時間の目安です。

※印刷データやネットワーク環境、出力フォーマットなどにより異なります。

※処理時間は、他に印刷が実行されていない状態での、印刷開始からファイルの作成が終了するまでの時間です。

10台で利用する場合の推奨環境

  • OS : Windows 10
  • CPU : 2.5GHz以上のCPU
  • メモリー : OSの推奨容量
処理能力の目安
用紙 解像度 枚数/分 100ページの処理時間
A4 600 カラー 30 180秒
A4 300 カラー 90 70秒
A4 600 モノクロ 250 35秒
A4 300 モノクロ 450 30秒

※一般的なMicrosoft Word文書での処理時間の目安です。

※印刷データやネットワーク環境、出力フォーマットなどにより異なります。

※処理時間は、他に印刷が実行されていない状態での、印刷開始からファイルの作成が終了するまでの時間です。

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-DRV0409 KDdriver_long for Windows (共有プリンタ版) 75万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。 >>詳細はこちら
  • 動作環境が物理環境の場合はCPU数、仮想環境の場合はコア(vCPU)数によって追加費用が必要な場合があります。
    >>詳細はこちら
  • 出力に関するデータ処理はアプリケーションの印刷機能に依存します。
  • 価格は、1台のマシン(1CPU)に対して1インストールの価格設定です(共有プリンタとしての利用台数に制限はありません)。 購入本数によってボリュームディスカウントがあります。
  • KDdriver_long for Windows (共有プリンタ版)はDTP*RSL製品、KDprintdrv_batchでは利用できません。 また、KDdriver DLL Libraryは非対応です。

更新履歴

2020年10月16日

バージョンアップを行いました。(Ver 2.7.1)

  • 設定のインポート/エクスポート機能を追加しました

2020年2月21日

KDdriver_long for Windows (共有プリンタ版)を新規リリースしました。

TOP