カーネルコンピュータシステム

KDdriver_barcode

製品概要

KDdriver_barcode for Windowsについて

Windowsの印刷機能を利用して、各種アプリケーションからプリンタへ印刷されるイメージを、イメージファイル(TIFF,JPEG,BMP,PDFなど)や紙へ出力します。 プリンタドライバを経由して処理するため、高品質な画像データを得られることが特長です。

操作説明

Windowsアプリケーションの印刷処理において、出力を行うプリンタをKDdriver_barcodeにして、印刷処理を実行することで、アプリケーションデータの印刷結果がイメージファイルに出力されます。 一般のプリンタに印刷する処理と同様の操作になります。

KDdriver_long for Windows 概略図

仕様

帳票などのデータから指定された領域内のテキスト情報を取得して、自動的にバーコードを合成します。

主な特長

バーコードの合成が可能

  • QR CODE, CODE128, CODE39, DataMatrix, GS1-128, GS1 DataBar, ITF, JAN, NW-7, PDF417, MICRO PDF417, MICRO QR CODE, カスタマバーコード

印刷処理でイメージファイルに出力

  • BMP, GIF, TIFF, JPEG, PNGなど様々なフォーマット出力に対応しています。

多機能なオプション設定

  • 出力用紙サイズ(A5~A0)や解像度(80DPI~1200DPI)の指定ができます。 また、それ以外にも「拡大・縮小・回転」「余白カット設定」などの設定ができます。

製品連携

バーコード情報を利用したデータの仕分け・ファイリング

  • 文書にバーコードを付与することで、バーコード情報を利用したデータの仕分けやファイリングをすることができます。
  • 業務の工程で紙文書に印刷した場合でも、スキャンすることで後工程での業務の手間を軽減できます。 例えば、書類に提出済みスタンプを押してスキャンし、自動で指定先フォルダに仕分けることができます。
  • 弊社製品【KDauto_trans(バーコード自動認識版)】と連携することで、自動で仕分け・ファイリングを することできます。

KDdriver_long for Windows 概略図

PDFファイル対応

  • 弊社製品「PDFTOPRN (PDFファイルの印刷ソフト)」と連携することで、バッチ処理による一括変換や バーコード合成などができます。

KDdriver_long for Windows 概略図

主な設定

フォーマット設定

  • 出力フォーマットについては「サポートフォーマット」の表を参照してください。

出力(用紙)サイズ

  • 定型の用紙サイズ、長尺などの任意の(用紙)サイズで出力します。

解像度

  • 出力解像度(50DPI~2540DPI)を指定します。

出力ファイル名設定

  • 任意のファイル名で出力します。
  • アプリケーションファイル名を利用して出力します。

マルチページ出力

  • マルチページ/シングルページ出力を選択します。
  • 上書き、または連番を付加して出力します。

ログファイル設定

  • ログ情報を出力します。

オーバーレイ(合成)

  • バーコード、テキスト(文字)、ビットマップ、メタファイルを合成します。 バーコード合成は以下のものに対応しています。
    • CODE39
    • CODE128
    • GS1-128(UCC/EAN128)
    • JAN8
    • JAN13
    • ITF
    • NW-7
    • QR CODE
    • MICRO QR CODE
    • PDF417
    • DataMatrix
    • 郵便カスタマーバーコード

拡大・縮小・回転

  • 出力データのサイズ、拡大・縮小、向き(回転)を指定します。

余白カット設定

  • 上下左右の余白カットを行います。余白量の調整が可能です。

入力データの自動判定にともなう処理

  • 入力データのサイズごとに出力データのサイズ、拡大・縮小、回転などを指定します。

その他

  • ファイルへの出力が終了したタイミングで、自動的に任意のアプリケーションを起動できるようになりました。 例えば、生成されたファイルをビューアで表示したり、ftpやlprを利用して直接プロッタに印刷する等、 後続の処理と連携ができます。 ※Windows 7版のみ。

対応フォーマット

出力可能なフォーマットは以下の通りです。

モノクロ

  • BMP(非圧縮)
  • CALSG4(type1)
  • EDMICS(RLC,MMR)
  • FX-Raster(富士ゼロックスラスター)
  • GIF
  • HP-RTL(非圧縮,Packbits,MH,MR,MMR)
  • IOCA(非圧縮,MMR,IBM-MMR)
  • JPEG
  • MMR(G4 FAX)
  • MR(G3 FAX)
  • MH(G3 FAX)
  • MIE~L (富士通MMRラスター)
  • PDF
  • PDF/A-1b
  • PDF/X-1a
  • PNG
  • PostScript(Level1,非圧縮、RunLength,G4)
  • Sun Raster(非圧縮,MMR,RLE)
  • TIFF(非圧縮,Packbits,G3,G4,LZW,deflate)
  • XWD
  • 非圧縮データ

カラー

  • BMP(非圧縮)
  • EPSF
  • FX-Raster(富士ゼロックスラスター)
  • GIF
  • HP-RTL(非圧縮,Packbits)
  • Imaging用JPEG (低、中、高品質)
  • JPEG(低、中、高品質)
  • JPEG 2000
  • PDF
  • PDF/A-1b
  • PDF/X-1a
  • PNG
  • PostScript(JPEG,非圧縮,RunLength)
  • Sun Raster(非圧縮,RLE)
  • TIFF(非圧縮,Packbits,LZW,deflate,JPEG)
  • XWD
  • 非圧縮データ

※PDF作成にAdobe Acrobat製品は必要ありません。出力するPDFファイルはイメージ形式になります。

製品カタログ

KDdriver_barcodeの製品カタログ(PDFファイル)をダウンロードできます。

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019 New!

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-DRV0501 KDdriver_barcode for Windows(32bit版) 30万円
KD-DRV0502 KDdriver_barcode for Windows(64bit版) 30万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。 >>詳細はこちら
  • 価格は、1台のマシン(1CPU)に対して1インストールの価格設定です(サーバーへのインストール可)。 購入本数によってボリュームディスカウントがあります。

機能拡張製品&オプションプログラム

製品名 製品概要
KDdriver DLL
Library
KDdriverを使用して各種アプリケーションの印刷処理を行う場合にKDdriverの出力設定(用紙サイズ、解像度等)の変更、ステイタスのチェックを行うための関数群です。DLL形式での提供となります。

更新履歴

2019年08月30日

バーコードを固定長で出力する機能を追加しました。(Ver 1.0.5)

2019年05月31日

Windows Server 2019に対応しました

2019年01月17日

バージョンアップを行いました。(Ver. 1.0.4)

TOP