カーネルコンピュータシステム

KDauto_trans(印刷機能強化版)

製品概要

KDauto_trans(印刷機能強化版)について

  • アプリケーション側から監視フォルダ(最大200個)毎にフォーマットの異なる入力ファイルを格納することで自動でデータを取り出し、 監視フォルダ毎に指定された印刷設定で印刷を行います。
    印刷されたデータは、削除、ファイル出力(指定したフォルダ)、FTP転送の選択が可能です。

KDauto_trans(印刷機能強化版) 概略図
監視フォルダから自動で印刷処理を行い、プリンタへ出力

特長

  • KDauto_trans(標準版)機能を搭載
  • ベクターデータ(HP-GL, HP-GL/2, OFI, DXF, DWG)、ラスターデータをプリンタドライバで接続されているプリンタへ印刷することが可能です。
  • 印刷データの複数の用紙サイズが混在していた場合でも、各用紙サイズに合わせて用紙トレイを自動選択して印刷することが可能です。
  • 出力部数、両面印刷、丁合印刷が可能です。(出力プリンタに依存)
  • 出力プリンタが実装している用紙サイズより大きいデータだけを縮小して印刷することが可能です。

簡易マニュアル

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-AUT0010 KDauto_trans(印刷機能強化版) 35万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら

関連製品

製品名製品概要
KDauto_trans (標準版) KDauto_transはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)と組み合わせて自動監視付き変換を行うオプションプログラムです。 自動監視付き変換とは指定されたフォルダにファイルを送る(コピーする)だけでそのファイルを自動認識し、あらかじめ設定された処理を自動的に行うことです。 KDauto_transは自動監視をするオプションプログラムであり、変換処理にはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)が別途必要になります。
KDauto_trans (機能強化版) KDauto_trans (標準版) + KDdriver の組み合わせにより各種DTPデータ (Word, Excel, PowerPoint, PDF, XDW, HTML, XMLなど) を自動監視してラスターデータに変換します。
KDauto_trans (PDF出力機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に、KDdriver_long(PDF) for Windows を使用してPDFファイルを出力する機能を追加したアプリケーションです。
KDauto_trans (長尺機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に長尺PDFファイルの変換とカラー/モノクロ出力を追加したアプリケーションです。
KDauto_trans (バーコード自動認識版) ラスターデータ(TIFF, JPEG等多数のフォーマット)から、バーコードデータ(QRコード, PDF417, 1次元バーコード)を自動認識し、 バーコード情報のCSVファイル出力やバーコード情報を出力ファイル名として出力します。
KDauto_trans (DocuWorks出力機能強化版) ベクターファイル(HP-GL, HP-GL/2, OFI, DXF, DWG)、ラスターファイル(TIFF, BMP, JPEG等)を DocuWorks Printer経由でXDWファイルに変換します。
KDauto_trans (DTP2XDW) KDauto_trans(標準版)にDTPデータ(Word, Excel, PDF等)をDocuWorksに変換する機能を追加した製品となります。

更新履歴

2019年4月5日

FTP転送設定画面の不具合の修正を行いました。(Ver3.0.7)

2018年6月15日

設定ファイルのインポート処理とエクスポート処理を追加しました。(Ver3.0.2)

2018年4月27日

KDauto_trans(DocuWorks出力機能強化版)がDocuWorks9とWindows Server 2016に対応しました。

TOP