カーネルコンピュータシステム

KDauto_trans(バーコード自動認識版)

製品概要

KDauto_trans(バーコード自動認識版)について

  • バーコード画像(QRコード,CODE39/128,JAN8/13など)を含むラスターデータ、PDFデータ(ラスター形式)、 DocuWorksデータからバーコード情報の読み取りを行い出力ファイル名に利用します。
    また、読み取ったバーコード情報を基に仕分け(分割)、CSV(テキスト)出力、ページの削除、グループ分けを行うことができます。

KDauto_trans(バーコード自動認識版) 概略図
監視フォルダから自動でバーコード認識を行い、
バーコード情報を元にさまざまな付加価値を付け指定フォルダへ出力

特長

  • KDauto_trans(標準版)機能を搭載
  • ラスターデータ、DocuWorksデータ、ラスター形式のPDFデータからバーコードを認識することが可能です。
    ※ DocuWorksデータとPDFデータはWindows版のみ対応。 DocuWorksファイルからバーコード情報の読み取りを行う場合はマシンにFUJI XEROX DocuWorksの製品がインストールされている必要があります。 PDFデータがJPXDecode(JPEG2000), JBIG2Decode(JBIG2)で圧縮されている場合、PDFバージョンがPDF1.7 Adobe Extension Level 8の場合はバーコード自動認識することができません。
  • 一次元バーコード(JAN8、JAN13、CODE39、CODE128、GS1-128(UCC/EAN128)、ITF、NW-7、郵便カスタマバーコード、GS1 DataBar(RSS)を認識することが可能です。
  • 二次元バーコード(QRコード、マイクロQRコード、PDF417、GS1 合成シンボル(EAN.UCC合成シンボル)を認識することが可能です。
  • 白紙ページを認識することが可能です。ページの汚れに合わせて白紙を認識する程度を調整できますが、あまり調整値を上げると数行程度のページも白紙ページとみなすことがあります。
  • スキャンデータのようなノイズのあるデータからノイズを除去して認識を行うことが可能です。
  • 認識する範囲を指定することが可能です。
  • 出力先にバーコードの内容でサブフォルダを作成し、そこに出力することが可能です。
  • バーコードが複数のページに存在する場合、バーコードが存在するページ毎に分割して出力することが可能です
  • 任意の文字列を定義して、その文字列がバーコードの内容に含まれる場合に任意の出力先へ出力することが可能です。
    ※ Windows版とLINUX版で仕様が異なります
  • 認識したバーコード情報をファイルに出力することが可能です。
  • バーコードの内容を出力ファイル名とすることが可能です。

簡易マニュアル

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8 / Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Linux x86系
  • Solaris9以降(SPARC) / HP-UX11i V2以降 / AIX6.1以降

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-AUT0007 KDauto_trans(バーコード自動認識版) 65万円
KD-AUT0011 KDauto_trans(バーコード自動認識版)(UNIX版) 65万円
KD-AUT0012 KDauto_trans(バーコード自動認識版)(LINUX版) 65万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら

関連製品

製品名製品概要
KDauto_trans (標準版) KDauto_transはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)と組み合わせて自動監視付き変換を行うオプションプログラムです。 自動監視付き変換とは指定されたフォルダにファイルを送る(コピーする)だけでそのファイルを自動認識し、あらかじめ設定された処理を自動的に行うことです。 KDauto_transは自動監視をするオプションプログラムであり、変換処理にはKDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)が別途必要になります。
KDauto_trans (機能強化版) KDauto_trans (標準版) + KDdriver の組み合わせにより各種DTPデータ (Word, Excel, PowerPoint, PDF, XDW, HTML, XMLなど) を自動監視してラスターデータに変換します。
KDauto_trans (PDF出力機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に、KDdriver_long(PDF) for Windows を使用してPDFファイルを出力する機能を追加したアプリケーションです。
KDauto_trans (長尺機能強化版) KDauto_trans(機能強化版)に長尺PDFファイルの変換とカラー/モノクロ出力を追加したアプリケーションです。
KDauto_trans (印刷機能強化版) KDprintout for driverを使用して、 ベクターファイル(HP-GL, HP-GL/2, OFI, DXF, DWG)、ラスターファイル(TIFF, BMP, JPEG等)を指定したプリントドライバに自動印刷します。
KDauto_trans (DocuWorks出力機能強化版) ベクターファイル(HP-GL, HP-GL/2, OFI, DXF, DWG)、ラスターファイル(TIFF, BMP, JPEG等)を DocuWorks Printer経由でXDWファイルに変換します。
KDauto_trans (DTP2XDW) KDauto_trans(標準版)にDTPデータ(Word, Excel, PDF等)をDocuWorksに変換する機能を追加した製品となります。

更新履歴

2019年8月23日

DataMatrix認識に対応しました。(Ver3.1.0)

2019年4月5日

FTP転送設定画面の不具合の修正を行いました。(Ver3.0.9)

2018年6月15日

設定ファイルのインポート処理とエクスポート処理を追加しました。(Ver3.0.2)

TOP