カーネルコンピュータシステム

DTP2PRN

製品概要

DTP2PRNはMicrosoft Office(Word, Excel, PowerPoint)、PDF、Microsoft Visio、HTML、XMLなどのDTPファイルをアプリケーションの印刷機能を利用して印刷/出力します。
プリンタドライバ経由で印刷することによってWindowsに搭載またはインストールされている全てのプリンタドライバを利用することができます。 プリンタメーカ社作成のWindowsプリンタドライバを利用することによって高品質な印刷を行うことができます。

特長

  • コマンドライン形式(DOS操作)、GUI形式のアプリケーションになっています。 一つの製品で両形式使用することができます。 標準機能としてバッチファイルを利用したフォルダ単位の一括処理が可能です。
  • プリンタドライバに「DocuWorks Printer」、「Microsoft XPS Document Writer」、「KD Driver Long PDF DriverまたはPDFファイル出力用プリンタ」を利用することによりXDW、XBD、XPS、PDFファイルを出力することができます。 PDFファイルとXDWファイルはセキュリティ設定が可能です。
  • PDFファイルの変換に(入力がPDFファイル)Adobeライセンスは不要です。

主な機能

用紙サイズ

  • 用紙サイズ誤差判定用マージン指定
  • 用紙サイズの自動選択

印刷

  • 指定されたプリンタへの印刷
  • フォルダごとにまとめて一括印刷

ファイル出力

  • ファイル出力機能としてXDW, XBD, XPS, PDFデータが選択可能
  • フォルダごとにまとめて一括変換

バインダー出力

  • DocuWorks(XDW)出力は、バインダー出力が可能

その他

  • コピー枚数の指定(ファイル出力時には1部固定)

対応DTPデータ

DTPデータ ファイルの種類(拡張子) アプリケーション 対応バージョン
Microsoft Word doc, rtf, dot, txt, docx, dotx, docm, dotm Microsoft Office Word XP, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2019, 365
Microsoft Excel xls, xlw, xjs, csv, xlt, xlsx, xltx, xlsm, xltm, xlsb Microsoft Office Excel XP, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2019, 365
Microsoft PowerPoint ppt, pps, pot, pptx, potx, pptm, potm, ppsx, ppsm Microsoft Office PowerPoint XP, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2019, 365
Microsoft Visio vsd, vst, vss, vsdx, vsdm Microsoft Office Visio 2002, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2019
PDF pdf 弊社PDF変換ツール
任意のPDFビューア
-
DocuWorks xdw, xbd, xct DocuWorks 6(6.2.6以降), 7, 8(8.0.3を除く), 9.0, 9.1
ブラウザ(HTML, XML) htm, html, xml Internet Explorer -
  • Officeデータ変換処理に使用するアプリケーションは、Office 2019、Microsoft 365、Visio 2019は64ビットアプリケーションに対応しています。それら以外では32ビットアプリケーションをご利用ください。
  • DocuWorksの入れ物(xct)を変換するには、DocuWorks 9.0.1以降が必要です。

簡易マニュアル

Q&Aと関連ページ

動作環境

対応OS

  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

価格表

型番 製品名 価格 (税抜)
KD-PRT0502 DTP2PRN 40万円
  • 製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。
    >>詳細はこちら
  • 動作環境が物理環境の場合はCPU数、仮想環境の場合はコア(vCPU)数によって追加費用が必要な場合があります。
    >>詳細はこちら

関連製品

製品名 製品概要
KDauto_trans
(標準版)
KDコンバートシリーズ(弊社変換プログラム)と組み合わせて自動監視付き変換を行うオプションプログラムです。
KDCONV_DIR 指定フォルダ以下の階層構造を形成しているファイルを一括して変換するオプションプログラムです。

更新履歴

2020年7月16日

バージョンアップを行いました。(V3.5.4.0)

  • GUIの不具合修正

2021年6月30日

バージョンアップを行いました。(V3.5.3.0)

  • 対応OS更新
  • 対応DTPデータ更新
  • DocuWorks9.1対応
  • XDW出力時の不具合修正
  • 出力ファイル名指定の不具合を修正

2020年10月30日

バージョンアップを行いました。(V3.5.2.0)

  • PDF印刷時の機能追加
  • PDF印刷時の不具合修正

注意事項

  • 本製品はログインされた状態で使用してください。ログオフ状態では正常に動作しません。ロック状態であれば動作します。
  • サービス上で実行することはできません。また、サービス上で実行しているアプリケーションからの呼び出しにも未対応です。
  • インストールマシン以外のネットワーク上のマシンから、リモート呼び出しによる変換はできません。
  • DocuWorksの自己解凍ファイル作成機能はDocuWorks バージョン 6.2.6 ~ 8.0.7(8.0.3を除く) のみ利用できます。
  • Excelデータの表示とDTP製品で変換(印刷)した結果で、使用するプリンタドライバの解像度設定などが異なることにより、印刷範囲やセルの幅高が変更される場合があります。そのために文字列の改行位置や改ページ位置、縦横の縮尺が異なる場合があります。
  • パッケージにKDdriver for Windowsは搭載されていません。
  • XDW、XBD出力(DocuWorks Printer利用)する場合は、別途富士フイルムビジネスイノベーション社製品DocuWorks(有償)が必要になります。
  • XPS出力する場合は、別途Microsoft社製品Microsoft XPS Document Writer(無償)が必要になります。
  • PDF出力する場合は、別途KD Driver Long PDF DriverまたはPDFファイル出力用プリンタが必要になります。
  • DocuWorksデータを変換する場合は、富士フイルムビジネスイノベーション社製品のDocuWorks バージョン 6.2.6 ~ 9.1(8.0.3を除く) がインストールされている必要があります。閲覧用で無償配布されているビューアなどでは変換できません。
  • Microsoft Office(Word, Excel, PowerPoint)データ、Microsoft Visioデータを変換する場合は、対象データを開き印刷することができるバージョンのMicrosoft社製品がインストールされている必要があります。閲覧用で無償配布されているビューアなどでは変換できません。
  • 動作環境については変換時に使用するアプリケーションの動作環境に依存します。
  • PDFからPDF、XDW(XBD)からXDW(XBD)への変換はできません。
  • 64ビット環境で32ビットアプリケーションとして動作します。
  • Officeデータ変換処理に使用するアプリケーションは、Office 2019、Microsoft 365、Visio 2019は64ビットアプリケーションに対応しています。それら以外では32ビットアプリケーションをご利用ください。
  • Officeのバージョンアップにより機能や仕様に変更があった場合、弊社製品の動作や変換結果に影響を及ぼす可能性があります。
  • DocuWorksの入れ物(xct)を変換するには、DocuWorks 9.0.1以降が必要です
TOP