カーネルコンピュータシステム

2015年リリース情報

2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 | 2002年 |

12月

DTP関連製品がWindows 10に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

DTP関連製品

機能拡張

各種DTPデータ(WORD,EXCEL,PowerPoint,PDF,DocuWorksなど)を変換する製品がWindows10(32bit/64bit)に対応しました。 対応製品は以下の通りです。

  • DTPTORS(C),DTP3RS(C),DTPTORSL,DTP3RSL : DTPデータをイメージデータに変換する製品
  • DTP3PDF : DTPデータをPDFに変換する製品
  • DTP2PRN : DTPデータを印刷する製品
  • DTP2XDW : DTPデータをXDW(DocuWorks)に変換する製品
  • PDF3RSL : PDFデータをイメージデータに変換する製品
  • PDFDF3RS : PDFデータ同士を比較処理する製品
リリース時期

12月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

OCR関連製品がWindows 10およびサーバーOSに対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

OCR関連製品

対応製品
  • RS2OCR
  • RS3PST_OCR
  • RSTX3PST_OCR
  • RSBAR3PST_OCR
  • PDF2OCR
対応OS
  • Windows XP(32bit)
  • Windows Server 2003(32bit)
  • Windows Vista(32bit)
  • Windows Server 2008(32bit)
  • Windows Server 2008 R2(64bit)
  • Windows 7(32bit/64bit)
  • Windows 8 / 8.1(32bit/64bit)
  • Windows Server 2012(R2)(64bit)
  • Windows 10(32bit/64bit)
関連ページ

11月

PDFファイルをイメージファイル(ラスター)に変換するソフトPDF3RSがWindows 10に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDF3RS

機能拡張

PDFファイルをイメージファイル(ラスター)に変換するソフトPDF3RSがWindows 10に対応しました。
対応OSは次の通りです。
Windows XP / Server2003 / Vista / 7 / Server 2008(R2) / 8 / 8.1 / Server 2012(R2) / 10

関連ページ

PDF3RS

KDprintout for driverをバージョンアップしました。

新機能・機能更新
対応製品

KDprintout for driver

機能拡張
  • 多重起動が可能になりました。ただし印刷動作はシーケンシャルに行われるため、実質的には排他動作になります。
  • Windows10に対応しました。対応OSは次の通りです。
    • Windows XP / Server2003 / Vista / 7 / Server 2008(R2) / 8 / 8.1 / Server 2012(R2) / 10
関連ページ

KDprintout for driver

10月

Windows10に対応したKDコンバート製品をお知らせします。

新機能・機能更新
機能拡張

以下のKDコンバートシリーズ製品がWindows10に対応しました。

  • KDrasterコンバート製品(KD-RAS*) (RS3RS,H22RSなど)
  • KDprintコンバート製品(KD-PRT*) (H2TOPSTなど)
  • KDcadコンバート製品(KD-CAD*) (H2TODXFなど)
  • KDdifferシリーズ(KD-DIF*)
  • KDdriverシリーズ

ただし、AutoCAD/BricsCAD利用製品、OCR関連製品、DICOM関連製品、DWF関連製品および一部の製品を除きます。 また、外部のアプリケーションを利用する場合の動作環境は、各アプリケーションに依存します。

関連ページ

仮想プリンタとして動作するソフトウェアKDdriver_longシリーズに機能を追加しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDdriver_longシリーズ

機能拡張
  • 2ページを並べて1ページにまとめる2アップと、4ページを並べて1ページにまとめる4アップができるようになりました。
    (※KDdriver_long (PDF)、KDdriver_long(HP-GL/2)を除く)
  • PDF出力する場合、プロパティの 「PDF変換」 を指定できるようになりました。(※KDdriver_long(HP-GL/2)を除く)

9月

RS2OCRがWindows 8 / 8.1およびサーバーOSに対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

RS2OCR

機能拡張

RS2OCRがWindows 8 / 8.1およびサーバーOSに対応しました。

対応OS
  • Windows XP(32bit)
  • Windows Server 2003(32bit)
  • Windows Vista(32bit)
  • Windows Server 2008(32bit)
  • Windows Server 2008 R2(64bit)
  • Windows 7(32bit/64bit)
  • Windows 8 / 8.1(32bit/64bit)
  • Windows Server 2012(R2)(64bit)
リリース時期

9月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

RS2OCR

KDplug in Differ for DocuWorksに機能を追加しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDplug in Differ for DocuWorks

機能拡張
  • 設定のインポート/エクスポート機能を追加しました。
  • 比較処理の補正モードとして、枠に合わせるモードを追加しました。内容の違いだけでなく、枠線に対する相対的な位置のずれも 差分として検出されます。帳票のようなデータを比較するのに最適なモードです。
関連ページ

KDplug_in Differ for DocuWorks

8月

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow ManagementがApeosWare Flow Managementのバージョン1.4.0.6に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow Management

機能拡張
  • OS
    • Windows 7 Professional / Enterprise (32bit/64bit)
    • Windows 8 / 8.1 (32bit/64bit)
    • Windows Server 2008 Standard / Enterprise (32bit)
    • Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise (64bit)
    • Windows Server 2012 Standard / Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • ApeosWare Flow Management
    • ver1.3.1.0 ~ 1.3.1.5
    • ver1.4.0.0 ~ 1.4.0.6
  • DocuWorks
    • ver7.3 ~ 8.0.4
関連ページ

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow Management

RS3RSなどのイメージデータの相互変換ソフトをバージョンアップしました。

新機能・機能更新
対応製品

RS3RS

機能拡張

以下の製品で、ページ数の多いマルチページデータをPDFに変換する際の処理速度が向上しました。
RS3RS、RSTX3RS、RSBAR3RS、RSDF3RS、RSDV3RS、RSDV4RS、RSCMP3RS、RSMASK3RS、 RSHP3RS、RSH23RS、RSDXF3RS、RSDWG3RS、RSGB3RS

リリース時期

8月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

RS3RS

7月

PDFTOPDFの機能を拡張しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDFTOPDF

機能拡張
  • PDFファイルの用紙サイズなどの条件をもとにして、ページを分割したり、出力先を変更したりできるようになりました。
    「用紙サイズ」、「用紙方向」、「ページに含まれる文字列(キーワード)」を条件として、これらを組み合わせて指定できます。
    また、条件に一致するページに対して、「出力先のディレクトリ」や「出力する用紙サイズ」などを指定できます。
  • 一度に複数のFDFファイルを取り込めるようになりました。
  • FDFファイルから取り込んだ注釈に、レイヤーの情報を設定できるようになりました。
    FDFファイルごとにレイヤーの名前を指定できます。
リリース時期

7月中旬のリリースを予定しています。

関連ページ

PDFTOPDF

PDF3RSの機能を拡張しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDF3RS

機能拡張
  • イメージ化する時の解像度として、縦横別の値を指定できるようになりました。
    これにより、FAX用イメージデータ(204dpix196dpiなど)の作成に対応できます。
  • EPSファイルの出力に対応しました。
関連ページ

PDF3RS

6月

KDtext_driver for WindowsがWindows8以降、および64ビットOSに対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDtext_driver for Windows

機能拡張

KDtext driver for WindowsはWindowsOS(32/64ビット)によって製品が異なり、以下の製品構成になります。

  • WindowsXP(32ビット)版 : WindowsXP / Server 2003 (32ビット)に対応
  • Windows7(32ビット)版 : WindowsVista / 7 / 8 / 8.1 / Server 2008 (32ビット)に対応
  • Windows7(64ビット)版 : WindowsVista / 7 / 8 / 8.1 / Server 2008(R2) / Server 2012(R2) (64ビット)に対応

※WindowsXP / Server2003 (64ビット)には未対応です。

関連ページ

KDtext_driver for Windows

パナソニック製スキャナ(KVシリーズ)と連携したバーコード関連製品をバージョンアップしました。

新機能・機能更新
対応製品

KDbar*_pieシリーズ

機能拡張
  • 以下の機種に対応しました。
    • KV-S5076H-N
    • KV-S5046H-N
  • Windows8.1に対応しました。
    • KDbar1_pie、KDbar1_opt_pie:1次元 バーコードの読み取り
    • KDbar2_pie、KDbar2_opt_pie:1次元、2次元 バーコードの読み取り
リリース時期

6月中旬のリリースを予定しています。

関連ページ

KDbar1_pie/KDbar2_pie/KDbar1_opt_pie/KDbar2_opt_pie

スキャナ関連製品の機能を拡張しました。

新機能・機能更新
対応製品

スキャナ関連製品

機能拡張

出力ファイルが同名になった場合、カウンタを付加して上書き回避を行えるようになりました。
対応製品は以下の通りです。

  • 富士通スキャナ(fiシリーズ)と連携した製品
    • KDbar1_fi、KDbar1_opt_fi : 1次元 バーコードの読み取り
    • KDbar2_fi、KDbar2_opt_fi : 1次元、2次元 バーコードの読み取り
    • KDbar_copy_fi : バーコードの置き換え製品
  • TWAIN対応スキャナと連携した製品
    • KDbar1_scan、KDbar1_opt_scan : 1次元 バーコードの読み取り
    • KDbar2_scan、KDbar2_opt_scan : 1次元、2次元 バーコードの読み取り
    • KDbar_copy_scan : バーコードの置き換え製品
  • パナソニックスキャナ(KVシリーズ)と連携した製品
    • KDbar1_pie、KDbar1_opt_pie : 1次元 バーコードの読み取り
    • KDbar2_pie、KDbar2_opt_pie : 1次元、2次元 バーコードの読み取り
リリース時期

6月中旬のリリースを予定しています。

関連ページ

5月

AutoCADと一体型データ変換ソフトがAutoCAD2016に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

AutoCADと一体型データ変換ソフト

機能拡張

AutoCADと一体型データ変換ソフトがAutoCAD2016に対応しました。

  • ACD*RS(C)、ACD*DRV(C) : AutoCAD(DXF,DWG) → ラスターイメージ変換
  • ACDTOPST : AutoCAD(DXF,DWG) → PDF、PostScript変換
  • ACDTOPRN : AutoCAD(DXF,DWG) → 印刷
  • ACDTOGB、ACDTOH2 : AutoCAD(DXF,DWG) → PRINT、PLOTデータ変換
リリース時期

5月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

4月

仮想プリンタとして動作するソフトウェアKDdriverシリーズに機能を追加しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDdriverシリーズ

機能拡張

仮想プリンタとして動作するソフトウェアKDdriverシリーズに機能を追加しました。

  • イメージの色を反転する機能
  • ミラー反転機能

対象製品は以下の通りです。

  • KDdriver for Windows(モノクロ) 400/600/1200DPI
  • KDdriver for Windows(カラー) 400/600/1200DPI
  • KDdriver for Windows(モノクロ・カラー両対応) 400/600/1200DPI
  • KDFAXdriver for Windows
  • KDdriver_long for Windows

(20並列版、100並列版にも対応)

対応OS

Windows XP / Server 2003 / Vista / 7 / Server 2008(R2) / 8 / 8.1 / Server 2012(R2)

リリース時期

4月中旬のリリースを予定しています。

関連ページ

PDFTOPDFの機能を拡張しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDFTOPDF

機能拡張
  • PDFのカスタムプロパティの操作ができるようになりました。カスタムプロパティの設定や、変更、削除ができます。
    また、既存のカスタムプロパティの内容を取り出すことも可能です。
  • PDFにテキストやイメージを合成するときに、任意のページへのリンクを追加できるようになりました。
    他のPDFファイルのページも指定することができます。
リリース時期

4月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

PDFTOPDF

3月

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow ManagementがWindows8.1 / Server 2012 R2に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow Management

機能拡張

動作環境は次の通りです。

  • OS(※64bit OSのみ)
    • Windows 7 Professional/Enterprise [Service Pack 1]
    • Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise [Service Pack なし/1]
    • Windows 8 professional / 8.1 professionalt)
    • Windows Server 2012 Standard / Windows Server 2012 R2 Standard
  • ApeosWare Flow Management
    • ver1.4.0.0 ~ ver1.4.0.3

※Windows 7、Windows Server 2008 R2で使用する場合はver1.3.1にも対応しています。

  • DocuWorks
    • ver7.3 ~ 8.0.4
リリース時期

3月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

KD BarcodeReader for ApeosWare Flow Management

KDplug in Differ for DocuWorksの機能を拡張しました。

新機能・機能更新
対応製品

KDplug in Differ for DocuWorks

機能拡張

比較の対象とする領域の指定が可能になりました。
これにより、以下のような処理を実現できるようになります。

  • 特定の項目のみ比較することができます。
  • ヘッダー・フッターに追加された日付、ページ番号などの違いを無視して比較することができます。
リリース時期

3月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

2月

比較機能付きビューアソフト KDviewDF2をバージョンアップしました。

新機能・機能更新
対応製品

KDviewDF2

機能拡張
  • 比較結果を保存するための新しいファイル形式を追加しました。
  • これまで固定だった手動位置合わせウィンドウのサイズを変更できるようになりました。
  • すべてのウィンドウにあるサムネイルの表示/非表示を一括で切り換える機能を追加しました。
関連ページ

KDviewDF2

1月

PDFファイルの編集ソフトPDFTOPDFに機能を追加しました。

新機能・機能更新
対応製品

PDFTOPDF

機能拡張

PDFファイルにFDFファイル(Forms Data Format)を取り込むことができるようになりました。これにより、PDFのフォームフィールドに値を設定したり、PDFに注釈を加えたりすることができます。 PDFからFDFを書き出すことも可能です。

リリース時期

1月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ

PDFTOPDF

BricsCADと一体型データ変換ソフトがBricsCAD V15に対応しました。

新機能・機能更新
対応製品
  • BCD2RS : DXF/DWGを各種ラスターデータに変換します。(モノクロ/A0サイズ/600DPIまで)
  • BCD3RS : DXF/DWGを各種ラスターデータに変換します。(モノクロ/6A0サイズ/3000DPIまで)
  • BCDTOPST : DXF/DWGをPDFに変換します。
リリース時期

1月下旬のリリースを予定しています。

関連ページ
TOP